MHXX新モーションを妄想してみたり~牙獣種

窓を一際強く叩く風音に、目が覚めた。
すでに時計は朝を過ぎ、9時を回っていた。
カーテンの隙間から洩れる明かりは、僅かに暗い。

そう、が降っていたのだ。
雪だ~!わ~いわ~い!

20161104.jpg
停車(渋滞)中の運転席からスマホでパシャリ。
こんなコトを平気でしでかす人間のになってはいけません。
運転中のわき見運転は大変危険です、スマホで遊びながらの運転は絶対に止めましょう。
(いや、そんなどこぞのポケ○ンマスターみたいなマネはしてませんヨ・・・(´・ω・`;)ゴニョニョ)

そうか~雪が降ったか~、今年は例年よりも一月ばかり冬の訪れが早い気がするず。
じゃあスキーがそろそろできそうだな!
去年からはボードにも手を出したしな!まだボードに関してはゲレンデでも圧雪されてないと滑れないけど、今年の冬は深雪でも滑れるようにガンバルのだ(`・ω・´)キリッ
(勝手にやってろ)





とまぁ、いつもの茶番は置いといて(o・ω・)ノトン
MHXXで追加されるであろう追加モーションについて妄想でもしたいな、と思います。

あ、「テメーのお花畑な脳内になんざ興味ねーよ屑!」な方はブラウザーバックを推奨


人気ブログランキングへ

―――いや、↑のボタンを押すんだゾ☆(止めろクズ





と、いうのもMH4GでG級が解禁された際に不肖笛ちゃん、想像を絶する糞モーションのオンパレードに閉口してしまったモノでね・・・。

「とりあえず振動付けとけ。」
な魂胆が見え見えだったのもありますが、何よりも

「オマエ等どうせココ攻撃するんだろ?だったらココに判定(あからさまな隙潰し)追加しとくわwww」
アレには流石の私もドン引きでした:(´◦ω◦`):

何といっても4で良モンスだったモンスター(シャガル、ジンオウガ等)が、4Gで一気に糞モンスになりましたからねぇ・・・。
攻撃を仕掛ける位置をカバーするかのように設置された確定地雷
滑空毒爪を対面して右側へ回避したら、被弾が確定する火球ブレス
後ろ脚を攻撃されないように移動するAIを強化、それと並行して破裂するように変更された鳴甲
乗り攻撃ではまず破壊出来ず、近接武器でうっかり腹を破壊しようモノならば攻撃どころではなくなるブレス後確定のガス噴出
振り向きながら角を突き上げる最大5連続ものランダム攻撃という非常に長時間かつ見切りずらいモーションでありながら、最終的には隙が皆無な出し得モーション
挙句の果てに、取りあえずボコられないようにほぼ全てのモーションに雷光虫をつけて攻撃されにくくしました^^

・・・うん、とりあえず「このモンスター面白いな!もう一回やろう!」ってのが限りなく少なかった気がしたのは、私だけではないと思いたい。
モンスターと戦っているというよりも、対策プログラムを施された機械と戦っている(?)イメージが強かった思い出。
色々なところで、非難轟轟だったと記憶しています。

まぁ最終的には、ハメられないよう全ての属性をシャットアウト&肉質による弾かれを無効にするのを無効(心眼スキルを無効)等、マカフジキ~謎のメタ調整を目の当たりにしたほぼ全てのハンターが、「極限に比べたらまだ糞モーションの一つや二つ追加された通常のG級個体はまだマシ・・・(白目)」という結論に落ち着きましたが。

そんな経緯もあって、前作のチーターを徹底的にメタる対策プログラムを搭載されて対ガンナー焼却機となった分、近距離武器だと(特に頭へ)付け入る隙が出来たおかげで4G屈指の良モンスと化したテオにゃんが、あちこちのギルクエ部屋で猫可愛がり(物理)されていたのはまた別のお話ヾ(・ω・*)ナデナデ


ちなみに私がギルクエで好きだったのは、冷遇されていた打撃武器にとってもやさしい、とっぷあいどるの「るがちゃん」コト、イャンガルルガだったのですが―――

うん、クエ回し部屋で貼った瞬間に「フレに呼ばれたので移動しますね^^;」って言われて(中にはフレさんも含む)、ぼっちになりましたよ(´・ω・`)
・・・なんだよ、そんな嫌なら「テメーみてーな糞地雷とは二度とやんねーよww」ってはっきり言えばいいのにね。
そう言われれば流石の笛厨も今後一切自分から関わろうとはしませんよ、ええ(´;ω;`)ブワッ





早い話が、G級になってからヒイコラ言う前に、「追加されたら嫌だな~というモーションを妄想して、」対応できるように準備しておこう。というのが今回のテーマになります。

恐らく既存のモンスターは4Gに準じたモーションをそのまま追加と思うので、復活した忌まわしき牙獣種共を手始めにw
(需要が全くなければ、妄想新モーションは今後やりません)


WVW69jRSLvwz8prk56.jpg

二つ名個体の用心棒として大活躍のINOSHISHIさん

今作では突進時の軸合わせとホーミング性能が大幅に強化され、頭を狙って正攻法で戦おうモノならば手が付けられない難敵となってしまいました。
※状態異常や罠への耐性が低いので、ガチでやらなければ瞬殺できる模様


G級になった時の新モーションとして追加されたら辛そうなのが、

・振り向き時に牙を振り回しながら軸合わせをする、新モーションを追加(G級キリンの振り向き角突き上げがイメージ)
・全ての突進の前方向に風圧【大】を付与(隻眼ガルルガのチャージ突進がイメージ)
・地面に牙を突き刺した後に大岩を前方向へ投げ飛ばす、新モーションを追加(テツカブラのちゃぶ台返しがイメージ)
・全ての攻撃モーションをターボ化(MH3GのG級仕様を流行)

・・・ドコの特異個体ですか?とでも言わんばかりのモーションを妄想してみました。

基本的には頭を狙うな、になりそうな気がします((´・ω・`;))ガクブル
振り向きに合わせて大技を繰り出すのではなくて、突進後に素早く尻に近づいて一発ずつ丁寧に刻んでいく立ち回りが推奨されるようになるのではないかな?、と。

たかが序盤モンスターと侮るなかれ。
火力インフレに頭までどっぷりと浸かってしまい、立ち回りが怯み前提となっているだらしねぇハンターを戒めるべく、怯み耐性値が爆上げされたINOSHISHI(cv:wkmt)が入念な軸ずらしの大切さを教えてくれるようになるのではないか?と妄想しました。
※特に被害を受けるのは大剣、チャージアックス、ヘビィボウガン、ランス、ガンランス、ハンマー、狩猟笛と予想
(特にランスとガンランスは、突進時に風圧+突進の多段判定でガードブレイクが頻発しそう)


無論、二つ名クエでは引き続き二つ名個体の用心棒として大活躍しそう(要らない)


WVW69jUnFdcUkXohAv.jpg

集会所では最初の鬼門として立ちはだかったゆ○た撲殺機ドドブランゴさん

どちらかといえば、初見殺しというよりも過去作で戦闘経験がある人ほど引っかかる古参殺しとして調整されました。
世間では、「ラージャンよりも強い」とされている当モンスですが、閃光玉を使えば途端に大人しくなるので苦手な方は閃光玉を試してはいかがでしょうか?


G級になった時の新モーションとして追加されたら辛そうなのが、

・ブランゴの雪玉投げをドドブランゴ仕様に調整した、新モーションを追加(雷犂熱刀と見極めが難しい)
・バックステップの着地時に雪が拡散する、新モーションを追加(攻撃判定はガムートの足踏みを流用)
・デンプシーの終わり際に振動を付与、振動やられになった場合に限りその場でハンターを特大の雪玉ゴトカチ上げる、新モーションを追加(極限ラージャンのその場大岩投げを流用、カチ上げ後は雪やられ)
・バックステップ後、間をおかずに雷犂熱刀へと繋げる、確定モーションを追加(ブシドー殺し)
・地中からの強襲時に振動を付与(ザボアザギルがイメージ、確定被弾)


基本的に従来までは安置だった、後ろ脚付近への攻撃が大幅に強化される気がします。
また、上位の時点で2連雷犂熱刀のブシドー殺しが印象的でしたが、G級ではより一層強化されるでしょうね。

ナンニデモ=ブシドーでどうにかなると思うなよ?

一部の武器を除いて、ブシドー大正義な現環境に異を唱えるべく、ジャスト回避をしてはイケナイ確定コンボを多用する、より慎重な立ち回りを要求されるモンスターに調整されるのではないか?と妄想しました。
※特に被害を受けるのはブシドースタイル全般、弓、ライトボウガン、ヘビィボウガンと予想
(特に雷犂熱刀の精度を底上げ+雪玉投げの2択を迫り、モーションを観察もしないで遠くからパンパンしていたサポガンを徹底的に痛めつけそう)

今作でも空気になっていた「だるま無効」+「耐震」等の生存スキルがあれば途端に戦いやすくなる、スキルの重要性を教えてくれるモンスターにも出来そうですね。




以上、あくまで私個人の妄想として挙げてみました。
実際にどうなるのかは、知りませんがね。

少なくても弱体化はするコトはないでしょうし、追加モーションを出して強化されるんだろうな~・・・。
もしくは、肉質をどこぞの変種特異個体みたいに75%カットとか・・・(´・ω・`;)

今のまま火力を上げたりするだけ~なんてコトはないでしょう、うん無いな。


でも、「出されたら嫌だな~」ってモーションを予め予測していれば、実際にそれを出されたときに「―――っ!この問題、この前クック先生が出してたのとおんなじだ!」な感じで対策出来そうな気がするでしょう?
そんな感じで勉強とかも予習をすればだいたい何とかなるのではないでしょうk―――

・・・え?親でもないクセにモンハンの記事で勉強の話すんな?
そりゃそうですねごもっとも(´・ω・`)


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント