カウンター「1000」突破!

此度をもちまして、カウンターが「1000」を突破致しました!
ホントにありがとうございます!



コレもひとえに、弊ブログへ足を運んでくださる皆様のおかげであり、皆様のご厚意が形と成って表れたのが、この「1000」という大きな数字なのだと考えております。

自分の言いたいコトをそのままぶっちゃける等、好き勝手やっているだけでお得な情報等は一切掲載していない弊ブログですが、それで遊びにこられた方が少しでも「フフーフ」となっていただけたのであれば、幸いです。

いつ偉い方に怒られやしないか、不安で不安で仕方がなくて・・・夜は寝つけられず(´;ω;`)グスン
―――昼寝するしかない生活を強いられてしまう程の「繊細なココロ」を持つ笛ちゃんには、これ位のはっちゃけで精一杯なのです・・・!(´;ω;`)ウゥ


これからも遊びに来ていただける方に失礼の無いよう、「繊細なココロ」で気に引き締めてはっちゃけていこうと思います。
これからもよろしくお願いします!

・・・え?お前のは繊細ではなくて図太い、ですって?またまたぁ~(´ω`人)


余談ですがこの1000という数字―――
モンハンでは「メイン武器でそれだけ使っていれば一人前」と言われております。

コレを節目として、武器を棚に飾るのか
それともココはまだ麓だと、更に自分を磨いていくのかはもちろん各人の自由ではありますが。



さて今後の予定としましては、

・まずは燼滅刃のリベンジを考えております。
但し、ガッチガチな縛りを加えて「これじゃあクリア出来なくても仕方ないよね、うん仕方ないよ」的な甘えに逃げるのではなく、真正面からガチでやります。

WVW69jv37V49i-EjsW.jpg

タイムはガチな方と比較すると、「フン!」と鼻で笑われる程度のモノですが、それでも少しずつ精進していく所存であります。


・メインである笛の立ち回りの見直しはやっぱり整理しておくべきかな、と思います。
もちろん装備作成も視野に入れておりますがそれ以上に大切にしたいのは、スーパープレイ動画等を視聴して参考にした立ち回りを自分に合ったモノに創り変えていくコトだと思います。
動画等を真似して覚えた立ち回りでは、その人独自の特徴というか個性というか―――良さは引き出せないと思うのですよ。


・メインである笛がブレない程度に別の武器にも手を出していこうか、と思います。
「刃物は私の専門外だ(キリッ」を地で往く笛厨ですが、フレさんや知り合いとなった方が愛用する武器を実際に使ってみるコトで、見分を広めていくのも面白いかも、と思った所存です。
他武器を使って初めて気がつくメイン武器での立ち回り―――というのは、絶対にあると思うのです。

幸い、各武器のお手本となる方はたくさんいらっしゃるのでねw
立ち回りをパク・・・げふんげふんw―――参考にさせてもらいますね♪



~次回予告~

WVW69jv4BRgsPB6z-V.jpg

この戦いの果てに、笛ちゃんは何を得るのだろう?

WVW69jvOrmgRzmOA-5.jpg

あるいは、何を失うのだろう?

WVW69jvWCA4qMp_HCR.jpg

意地を捨てた笛厨Lela、本気で逝きます!


WVW69jvO5_cF7M5zvP.jpg

リベンジ~【特殊許可】燼滅刃狩猟依頼10―――coming soon…




WVW69jv5gQEpyzRq0y.jpg

んほぉぉおお!?笛ちゃんミートパテになっちまう!?


人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

カウンター1000回転おめでとうございます!

なんだかんだ言って、ブロガーさんの中には「書きたいから書いているのであって、見てもらっているかどうかは問題ではない」という方もいらっしゃるかもしれませんが、でもやっぱり見てもらっているのが実感できるとうれしいですよね!

これからもお互い頑張っていきましょう。
今後共よろしくお願いします!

No title

おお~ おめでとうございます!数字のためにやってるわけでなくても、やっぱり目安として嬉しいものですよね!(*´ω`*)  

Re: No title

いつもコメントありがとうございます!

「べ、別にアンタ達の為に書いているんじゃないんだからね!笛ちゃんが書きたいから書いているだけなんだからね!…い、いつも来てくれてありがとう///」
つまりはこういうコトですね、分かりますw

見ていただいている。という実感は、記事を書くモチベ維持に繋がるのでとてもありがたいです。
多分誰にも見ていただけていなければ、更新が止まって確実に放置している気がします…。
ホントにありがたいコトです。

私の場合は笛メインでかなりニッチ(低需要)なコトをしている分、「せめて楽しんでいただきたい」な、と思っております。
笛は難しそう。とっつきにくい。という印象を持っておられる方が多いので、ゆるゆる系モンハンブログである弊ブログで「フフーフ」していただいて、「笛使ってみようかな?」と思っていただければ、幸いです。

色々とご迷惑をおかけしますが、今後ともよろしくお願いしますね!


…しかし閲覧に来ていただいている方を時々ドン引きさせたりしているようなのですが…何故だろう?
そして、かなり厳しい印象を持たれているようなのですが、何故だ…!?

知らない人でもジャーキーを目の前に出されたら尻尾おもいっきりブンブン振って、お腹まで見せる子犬ばりに懐くのが笛ちゃんなんですぜ?厳しさなんて1㍉もありませんぜ?
世の中 フシギで いっぱいだ。

Re: No title

はじめまして。
コメントいただきましてありがとうございます!

自分でもかなりニッチなコトをしている自覚があるので、数字以上に見ていただけているのが実感できて嬉しいです。
記事を書く時のモチベにも繋がりますからね!

「MHF-Gえふみんカムバック」いつも楽しく拝見させていただいております。
イラストで今のMHF-Gの情報を分かりやすく取り上げられているので、とても参考になります。

かつてMHFで遊んでいた身としては、新しい要素や情報を面白く紹介されていてステキだな。と思った次第です。
あのセカイでも宗教上の理由で自分が好きな笛しか使わなかったので、疎まれていた過去がありますが…視点が変わるとこんなにも楽しいセカイだったんだな~、と。

ブログは拝見している時に「MHFをまたやってみようかな?」と思うコトがある今日この頃。
しかし、スキル&武器指定の効率重視までは努力で何とかなるのでいいのですが、猟団PTとの会話すら一切ないのにワンミスをすれば即晒される環境にだけは適応できなかったんだよな~…。