兵集いし鈍器祭り~笛ちゃん視点~

ある兵(つわもの)はを担ぎ、またある兵は相棒をと決意(きめ)た。

塔に集いし兵は総勢13名(+観戦に来た3名)
塔の頂上に座するは、四天王と暴喰の王

兵と強者の血沸き肉躍る激戦が繰り広げられた「鈍器祭り~鎚or笛ONLY~」

其処には、数々の出会いが、別れ(寝落ち含む)が、そして―――があった。
その全てを遺すコトは、それまでの経緯を知らない私には到底出来ないが・・・



笛ちゃんフィルターを通して見た主観で良ければ、
僭越ながらココに記したいと思う(ま~たワケの分からん着色するんか・・・





かつて激戦を繰り広げられていたシャガリンピック主催者への「感謝」と、その直向きな鈍器愛に「敬意」を評して企画された御祭り

当時は交流させていただいていた方々のブログをチラッと拝見していた関係で存在は知っていたものの、そのクエを受注するコトすら出来なかった(当時HR6)ので、興味があったものの完全にスルーさせていただきました。
まぁ、完全に部外者ですが、鈍器祭りなる甘い響きに誘われてホイホイと連いて行っちゃったんですねコレがw

いわばコレは、イレギュラーな乱入行為なのである。
本来ならば、自粛すべきだったのだろうが―――笛厨がそんな言葉の鎖だけで縛られるハズもなく・・・
「乗るしかない、このビッグウェーブに!」等とワケの分からないコトを宣い、意気揚々と準備を進めていたのである(このたわけ!

あくまで部外者としての参加ですので、迷惑だけは掛けないようにと準備だけは万全にしていましたw

そんなワケで今回用意した装備がコチラ(o・ω・)ノトン

WVW69juFqbYIGrSyIG.jpg
WVW69juFrPsdS5Rxoa.jpg

以前に作成した装備では、一撃で気持ちよくなってしまった///(キャンプ送り的な意味で)ので、より防御力を上げてスキルを見直しました。
コレでビターンやラウンドフォース、怒り龍ブレスに被弾しても、ギリ一発耐えられます(*´∀`人ステキ

WVW69juFq20I-UmtCp.jpg

一見残念スキルと思われがちな無我の境地ですが、今作では狩技「狂竜身」のおかげで能動的に効果が発揮出来るようになったのがポイント。
(無論、強化に失敗して自分を追い込みかねない点には注意する必要がありますが・・・。)

WVW69jt2Isc0pMP6-X.jpg
鈍器祭り最終調整を兼ねて、標的にされたHR6ライゼクスニキ(ギリ5分針)

会心率0%の破岩鈴イエログラフでも、狂撃化成功時には会心率50%で1.4倍の火力を叩き込めるようになるのだから、十分火力はある方だと思います。

・・・。

・・・え?ハイハイ・・・

弱特&超会心&見切り+2&業物の方が期待値が出ますよ^^ですか?

ええ、勿論存じてますよ?ですがね―――

笛吹き名人が付いてないやん!

あくまで笛厨として参加する鈍器祭りなんですよ?
笛使いが笛吹き名人を付けないのはダメでしょうよ!

笛使いにとって、笛吹き名人はな―――笛を使う意思表明みたいなモノなんですよ。
笛吹き名人はいわば―――誇りであって、最後の鍵であって、笛使いとしての意思であって、そして何よりもかけがえのない相棒(トモ)なんですよ。

火力が出ても、笛使いとしての誇りを忘れてはいけねぇ。
笛使いとして、捨てちゃいけねぇモノ(相棒)まで捨てちゃぁいけねぇんだ。
・・・分かるか?ボウズ?分からなかったら、後でママに聞くんだな(知らんだろ

そして禁断のアイテムポーチをご開帳~(/∀\*)イヤンハズカシー

WVW69juFsuw6p3WdQz.jpg
WVW69juFtGoXhOE_nm.jpg
WVW69juFtc4rJ2Mh-8.jpg

生命の粉塵×13個は笛厨のデフォです。
しかし、23個も持てない笛ちゃんには、粉塵王を名乗る資格はない・・・orz
あの味方の被弾を予測して、その被弾と同時に生命の粉塵を行使するあの頼もしい背中には今でも憧れていますが、あの称号はあの方だけのモノなんだと思う。
イタズラに名乗っていい代物じゃあ、ねぇんだ。

そして、スタンからの復帰で起き上がった地点に落とし穴を張り更に拘束時間を稼ぐ為に、落とし穴を調合分持っていきました(ゲス顔)
本気になった笛厨の前で、気絶から覚めて無事に地に足を着けると思うなよ?(ニッコリ)

・・・。

・・・・・・まぁ、設置位置が微妙にズレて見事に空振りしたんですがね(白目)
罠を掛ける位置の練習もちゃんとしておくべきだったなぁ~・・・orz

ちなみに消散剤の位置には元々怪力の種を入れていたのですが・・・。
すんません、土壇場でヒヨリましたw

下手をしたら、開幕早々ホスト奪取のために飛び降りる方が続出するであろうと思られたもので、旋律を揃える前に雪やられになって戦慄するのだけは避けたかったのデスヨ・・・(震え声)

笛を担ぐ場合は、最初に自己強化が吹けないとそのまま何も出来ずにキャンプ送りとか稀によくある光景なのでね?開幕初めに耐雪は吹けないのデス。
ぶっちゃけてしまうと、狩りの戦略の幅を広げる為の旋律を用意した本人が、雪にやられてオロオロするとかカッコ悪すぎる・・・w


その他ソロで獰猛個体のモーションやら、ダメージを喰らいつつ即死圏内の見極めをしたりして準備をしていました。



そんな準備を人知れず行い、鈍器祭り当日

ロキさんがご厚意でチャットルームを設定したコトも手伝って、開催前から大賑わい!
ロキさんステキまじ色男♪(動画編集といい、ルーム開設といい・・・一体いつ寝てるんだろう?(´・ω・`;))

色々と雑談を楽しんでいたら、yukiさんの開催宣言で全員の目の色が瞬時にして変わる。

・・・かなしいけれど、これ戦争なのよね。
件のモス卿が、どこか遠い空を眺めて切なく呟いたのが、印象的だった。

そう、ココに集う兵は味方であって、同時にでもあったのだ。

限られた僅か3枠の椅子を競うべく―――集いし兵は、先まで肩を組んでいた味方(狩友)を蹴落とす。

ちをちであらう いすとりせんそう ぼっぱつ。


そして、あっさりと蹴落とされた笛ちゃん達をよそに、戦場へ赴くモス卿の姿が其処にはあったw
おのれ!あのモス裏切ったなww(マテ

しかし、敗れたのは私だけではなかった。

惜しくも椅子を取り逃した歴戦の猛者たち。
―――曰く。yukiさんの企画の椅子に座り損ねた者は、みな孤独だったらしい・・・。

みな孤独は辛かったのだと、そんな辛さを紛らわす為に、少しでもその辛い時間を和らげようと・・・このチャットルームを開設したのだ、とロキ氏は語った。

なんていい方なんだー!我々の中の全米が拍手喝采の嵐で大洪水起こしてます!ヤバイ、あの赤猫(アバター)に後光が差して見えるんですけどッ!?

ホントにあの方には頭が上がらねぇ・・・。

待機中に敗れた兵で集ってたん掘れしたり一緒に狩りへ行ったりでお茶を濁し、少しずつ広がる交流の輪

たん掘れ中にちょっかいをかけてきたラー公へと犬のように飛びついた笛厨と、それに巻き込まれたプック(yota)氏
それの帰りを赤いアイテムBOXの前でチケットを片手に待つロキ氏とまめにゃん氏の姿が目に浮かんだが、許してくれ。

アイツは、笛ちゃんに牙を剥いたのだ。
せめて―――せめて、ヤツの角を圧し折って伊達にしてやらなくては気が済まなかったのである。

そして、怒りへと移行したラー公
巻き添えを食らい、逃げるに逃げられなくなったプック氏の顔に冷や汗が浮かんだ。

もう帰ろう、と。
採取装備・・・お互いが決して十分とはいえない装備での戦闘はこれ以上危険だと、退却のサインを出す。

答えは―――
もう少し、なんだ!あと数回ヤツの頭蓋へ笛を振るえば・・・お互いに力を合わせれば、角は折れるハズなんだ・・・!
諦めてはいけない、既にヤツは一度怯んでいる。

そして、チャットルームに近況を知らせるために―――善戦であるコトを報せるために、一言。

おこった

当たり前だバカヤロウ!?(゚△゚;ノ)ノナニヤッテンダ
まさか採取装備でラージャンと交戦しているとは夢にも思わなかったのだろうお二方、
その直後に笛厨が手綱を引かれて集会所へと引き摺られていったのは言うまでもない。

\ギャンギャン/(訳:は~な~せ~!放してよ~!もう少しでアイツの角が圧し折れるの~!仕返しが出来るの~ガルルルゥ!)

「「「うるせぇ!大人しく燃石炭掘るコトもできねぇのか!?」」」

\キュゥ~ン・・・/(尻尾を腹側へ丸めながら)

笛厨のあまりの猛犬っぷりに、途中で知らずに入ってきた呼び出されたフレさん(親友)が、ロキ氏へと頭を下げていたような気がするが・・・あれは、いったい何だったのだろう・・・?
※弊ブログでの鈍器祭りの告知を忘れてました、すみませんorz

笛ちゃん、むつかしいコトわかんない♪(自重しろ戦闘狂




そして、ついに訪れた笛ちゃんの番(4組目)
既に終了予定時刻の24時は過ぎていた。

長時間のプレイで疲れが出たのだろう、yukiさんのチャットにも覇気がないw

ご一緒になったのは主催者であるyukiさんと、ロキさんプックさん
うん、先程笛厨クレイモア騒ぎに巻き込まれたお二方ですねw

私人見知りが激しいので、顔見知りの方で安心しました♪
(注:ロキさん、かんぺーさん、yukiさん以外の方とは祭り当日が初対面デス)

PTはロキさんが鎚、yukiさんとプックさんが笛の鎚1、笛3の構成でした。
・・・え?私ですか?笛しか担げない笛厨ですが、ナニカ?

普段ではまずお目にかかれない、笛PTに不肖笛ちゃん・・・興奮のあまり鼻血が出そうでたまらなかったですw
・・・いや~、危なかったwロキさんも笛だったら確実に鼻血プーしてましたわww

ロキさんに「お前のブログの名は何だー!!」とは言いましたが、白状すると助かりましたw
笛×4なんて神PT―――目の前にしたら天国逝っちゃいますよ!?



軽い雑談をしてからのクエスト開始。
そして開幕早々に飛び降りる3人(表現コラw

おちるおちる、鈍器が落ちる。
落ちる堕ちる、頭を砕きに―――。


開始直後に耐雪を吹いたのですが、旋律効果が届かなかった感じだとロキさんがホストのようですねぇ。
ロキさんが攻撃している辺りを攻撃すればスタンが狙えるワケですか、な~るほど・・・(ニンマリ)

しかし先鋒戦のガムートでは転倒を狙い執拗に後ろ脚を攻撃するロキさんの姿が・・・w
う~む、指標を見失ってしまったじぇ・・・(´・ω・`;)ドウシヨ

頭へ張り付いているのは主催者であるyukiさんと、御祭りへアホ面を晒しに来た不肖笛ちゃん
ふむふむ、鈍器はメインではないと伺っていましたが―――中々どうして様になっていらっしゃる。
元々太刀がとんでもなく上手い方なので、モーションにさえ慣れてしまえば問題はない、というコトなのか。
少なくとも私と全く同じタイミングで、攻撃をする辺り完璧に笛を使いこなしている。
・・・末恐ろしいな、流石塵滅刃キラーの戦乙女と呼ばれるコトはある((´・ω・`;))ガクブル

プックさんは脚を狙いながらも攻撃チャンス時を見極めて的確に頭を狙い、ロキさんは脚を執拗に狙い転倒を誘発して狩猟しやすい下地を整えている、といった所。

お三方の性格というか、立ち回りの個性が垣間見えた瞬間でした。
4人皆が立ち回りが違うというのは当たり前ですけど、―――なんか、新鮮でいいな~(´ω`人)

開幕スタンを取ったのは私―――ではなく、yukiさんでした。
うん、スタン宣告をしたのですが、どうやら私が攻撃したのと同時にロキさんが後ろ脚転倒をさせていた模様ですw(脚破壊早すぎるだろロキ職人!?流石です・・・

yukiさんのスタンと同時に(その後スタンが入る度に)

「天を穿つ一閃が顎(テンプル)に炸裂~~~!」
「痛烈な一撃に堪らずダウン~~!」


と、はじ○の一歩の解説よろしく、この日の為だけにイジった定型を披露(*´∀`人 ♪

\まっくのうち/\まっくのうち/だけでも良かった気はしますが、
皆が使うようなのはぶっちゃけツマラナイやん?

惜しむらくは、スタンを取った方毎に定型を用意出来なかった点でしょうか?
3人分の定型を用意できれば、頭に張り付いていた関係でチャットで誰がスタンを取っていたのかをお知らせできたものを・・・(っω・`。)ザンネン

Jesus!なんてこった、とんだドジを踏んじまったぜ!


その後誰かがピンチに陥れば粉塵を惜しみなく使い、ヘイトを稼いで味方の回復の機会を増やす等でサポートをしていき辿り着いた最後の砦―――獰猛ジョー

ここまでの狩猟時間は26分
集中力が途切れて被弾が多くなる頃合だ。
ここでの粉塵の消費はおそらく―――相対的に増加するといっても良いだろう・・・。

しかし、予期せぬ出来事が起きた―――
・・・起こして、しまったのだ。

前半戦である四天王戦での過剰とも取れる粉塵の使用。
そのツケがココにきて回ってしまった。

尽きたのだ・・・アイテムポーチに入れていた、13個の粉塵が・・・orz

プックさんの攻撃力強化【小】&防御力強化【小】のおかげで、私以外の、防御力600付近のお三方ならば、体力6割を下回らなければ即死にはならなかったハズだった。

そう、ギリギリで耐えられる。
しかし、その復帰がもし、モンスターの真下だったら・・・?

最悪の状況を回避するには、臆病なままで粉塵を使う他になかった。
粉塵を23個用意するコトのありがたみを痛感した。

絶望の中で、チャットルームに、一言

粉塵がきれました


この絶望的な8文字を一体、一緒にプレイしている方の何人が把握出来るのかは分からない。
集中力が切れてきたのか、乱れるプレイング。
しかし、既に3度のスタンは取っている。そう、ヤツはとっくに瀕死のハズなのだ・・・!

怒りに狂うイビルジョーに手を出しあぐねているとロキさんが、鎚で笛厨をカチ上げた。

繋げ
言葉にはされなかったが今、ココロで理解した(キリッ

暴れ狂うジョーの背を必死に掴んで食いしばった。
ここで落とされたら、笛厨の名が廃るッ!

ロキさんから受け取った乗りのサポート―――ココでキッチリ形にして見せる!

半ば執念で捥ぎ取った乗りダウン、一斉にジョーを叩き伏せてから暫くして

目標を達成しました。

クエストクリアのファンファーレが鳴り響いた。

・・・勝った、のだ。
全員が得意な武器ではない。
鈍器縛りを科した当祭りの為に、この日の為だけに装備を作り練習を重ねていた方が多かったハズだ。
即席の4人のPT、誰が誰と組むのかは分からない。中には完全な初対面な方もいただろう。

それでも勝てた。
初めての一緒に狩り慣れていない面子でも、お互いに協力し合えば、例え難攻不落なクエストであってもクリアは可能なのだ。



ちなみに、今回の全員のスタン回数はこんな感じ(間違いがあるかもしれません)

・yukiさん:3回(ガムート、タマミツネ、ディノバルド)
・ロキさん:3回(ライゼクス、タマミツネ、ディノバルド)
・プックさん:2回(ディノバルド、イビルジョー)
・笛厨:4回(ライゼクス、タマミツネ、イビルジョー×2)

僅差での辛勝である・・・wあぶーねあぶねー:(´◦ω◦`):
やっぱり上手いわお三方。


スタンを一番多く取った特権で「【特殊許可】荒鉤爪狩猟依頼10」を閃光縛りで貼らせて貰いましたが、集中力が尽きていたので粉塵要因(誤字にあらず)としてすり鉢片手に極圏を全力疾走しておりましたw

あ、荒鉤爪から1回スタン取ったし・・・別に後ろ脚狙って転倒させててもいいよね・・・?(震え声)

ME900RK0.jpg

yukiさん、ロキさん、プックさんお疲れ様&ありがとうございました!
とても楽しい企画と、チャットルーム開設していただいたおかげで、充実した時間を過ごさせていただきました!

チャットルームや一狩りご一緒いただいた(かんぺーさん、まめにゃんさん)方々もどうもありがとうございました!
また機会がありましたら、是非ともよろしくお願いしますね♪

それでは、良い狩りを~(・ω・)ノシ


人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント