集会7~汝ノチカラヲ、見セテミヨPart.1

―――HR7

一部を除く大半のクエストを受注できるようになった証である。
しかし、現状揃えられる装備の最終強化はシステムの都合上難しく、また防具・装飾品によるスキルの充実も困難を極める。

終盤でありながら、万全ではない。そんな歯痒い状況がこのHR7となる。

WVW69jjv6LMfcI3ILO.jpg

「汝ノチカラヲ、見セテミヨ」というクエストがある。

HR7から受注資格を得られる、所謂依頼クエストだ。

獰猛と化した過去作での看板モンスターの連続狩猟。
獰猛個体であるからして、大連続でありながら体力補正は一切ない。
単体でも通常個体の倍以上の時間を要するコトからして苦戦は必至。
しかしながら依頼クエストであるからして当然、キークエではない

・・・。

今は先延ばしにして、装備を万全にしてからの挑戦でも問題はないのだ。
だがそれでHR開放をした場合、笛厨はHR7以上なのだ。と胸を張って言えるのだろうか?
挑戦もせずに「今はまだ時ではない(キリッ」と、そんなコトをしでかしてまで開放したHRに果たして意味はあるのだろうか?

答えは言うまでもないだろう。


WVW69jjv_NQdzWm9Yf.jpg

一番手のリオレウスには、一切遊ばせるつもりはない。
道具を縛るとコイツ単体で約30分はかかった。
後ろに控える面子を考えると、20分でどうこうできるワケがない。

WVW69jjv_gkCa2KFfw.jpg

だから飛んだら閃光玉で堕とす。そしてダウン時にありったけの火力をぶつけるだけ。
立ち回りもクソもない、道具を使ったただのゴリ押しである。

WVW69jjwB6IF_LoEKX.jpg

一方的に頭をポカポカして8分が経過した辺りでリオレウスが瀕死になった。
その後は巣に帰った所を捕獲してレウス戦は完了です。

WVW69jjwDpkpgmEAji.jpg

開始から11分弱で二番手のジンオウガと対峙。
ペースとしては悪くはない。
ただ、怯まない・超帯電状態での戦闘時間が長くなった強化ワンコに対してどこまで食らいつけるかが今回の鍵となる。

WVW69jjwGok1DniyCb.jpg

立ち回りとしては、軸合わせで振り向いた頭に後方攻撃を重ねていく。
ムダに手数は加えない。ムリをすればその分被弾のリスクは高くなる。超帯電に移行したワンコのラッシュを考えると、たった一度の転倒がそのまま死因になりかねない。

WVW69jjwEpIPhhcouU.jpg

そんなこんなでスタン!―――なのですが

ルドロスが邪魔すぎる(´;ω;`)
おかげで頭に行けねェ・・・チャンスと回避のタイミングに転倒させられて行動に支障をきたしているんですが誰か助けてw

そして開始から16分が経過した所で





WVW69jjwKZsXSReHUK.jpg

壁際まで吹っ飛ばされてからのチャージお代わりを頂戴し1乙


そしてエリア移動と同時にチャージ雷光虫飛ばし直撃からのチャージお代わりで

WVW69jjwKuArOBvUB-.jpg

痛恨の2乙を献上(武器を抜刀すらしてない)
もう後がなくなった・・・既に瀕死のモーションは確認していたのだが、用意した捕獲の落とし罠は1乙の直後にかかった為にもう捕獲は出来なくなっていた。

・・・残りの2体は、倒し切らなくてはいけない。
その事実に絶望すら感じてしまう。

WVW69jjwT4wHn7PCK1.jpg

オウガに時間をかけ過ぎた結果、19分ちょいで古龍と化した魔法使いラギアマギカクルスを討伐しなくてはいけなくなった。

失敗に終わるのは、火を見るよりも明らかだ。
でも、諦めるワケにはいかなかった。

「ムリだと思ったんで挑戦しません。」
「(挑戦しなくても)やる気になればできます。だから時間のムダなんでやりませんw」

そうやって初めから諦めて逃げるのは、笛厨は大嫌いなんだ。

だから、最後まで足掻いてやる。
どんなにみっともなくてもいい、がむしゃらにやって―――勝てなくても今は構わない。
でも、敗北した先にナニカ思うコトはあるハズだ。

WVW69jjwdrQN8ALUjH.jpg

スタンこそ3回は取れたが、瀕死までは持っていけなかった・・・。
広範囲攻撃が飛び交うラギア戦、頭を狙うチャンスをモノに出来ないのが時間がかかった原因なのは明らかだった。
そして被弾が多すぎた
調合分まで持って行った回復アイテムを底をついた。

WVW69jjwi3IRXZB44W.jpg

止せ!?ダメだ!止めr―――ウソだろ!?

ヤツが足を引き摺った。

本来ならば喜ばしいコトだと思う、だがこの局面でその行動は絶望的だった。

残り時間は20秒を切っていた。
回復アイテムは底をついた、罠は―――もう無い。

WVW69jjwjsQVz7rqYO.jpg

移動先へと辿り着くも一矢報いずにタイムアップ・・・

WVW69jnBrTUOfuz2BI.jpg
WVW69jnBsDUlS-6SBg.jpg

敗因としては、
・スキルの構成が適正ではなかった。
 寒冷地でなければ火力を発揮できないこのスキル構成では、火力が不十分だった。
・オウガ戦での罠のタイミングが悪すぎた。
 せめて瀕死で眠りについたタイミングでなければ、最悪2体を討伐しなければいけなくなる。
・回復アイテムが底をつく程、被弾した。
 相手のモーションと攻撃判定の有効範囲を把握できなかったのがそもそも原因だった。つまりは単に下手だった。

立ち回りと装備の見直しが必須ですね・・・。



オマケ

WVW69jjwkcstaNELmY.jpg

今回のクエで最大金冠を更新しました(´;ω;`)ココデデンナヨ


人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント