村6~宿命の四天王

※今回のプレイ内容事態は2016年7月9日時点のモノとなります(どんだけサボってんだ!?←その日の朝一で熱帯缶詰(こんくりぃとじゃんぐる)へと旅立ってました。だから笛ちゃんは悪くねぇ!タイミングも悪かったしオラは悪くn(ダマレ

集会所へと足を運ぼうとした矢先、方向音痴の海賊団戦闘員剣士生真面目な兄鬼に足止めを食らった。



なんでも、他人から養分を取る虫の如く、上級者の方にぴったりと張り付いて離れない新米ハンターが大量に発生しているので、今年の6月から集会所へ入ろうとしている者を間引くの実力を見極める為に一つ試練を科しているのだ、という。

なんでも漆黒の衣に身を纏い邪悪なる棍を携えた狩人達から

「ふんじんつかってやくめでしょ」
「ほかくできますはやくわな」
「ひやくください」
「しゅくだいするからさきいって(BCでの定型)」
「しっぽどこ!?」
「ふざきんな!」
etc.

―――と、いった内容のコメントが先輩ハンター諸兄に多く発せられていたたコトに危機感を感じたハンターズギルド。
急遽集会所へ上がろうとするハンター達が果たして真に狩人なる資格があるのかを見極めるべくバルバレ近郊に守護兵を緊急で配置した、らしいのだが・・・

ちょッ!?ちょと待てちょと待て鬼ぃさん!?アナタの出張する所はココじゃねぇですよ!?

「否、断じて否ッ!笛を使うモノはモンスターから離れたエリアの切り替わり付近(遠く)で吹いて突進を誘発しているのを露知らず、サポートした気になっている吹き専なる下劣な輩で全てと聞いたッ!なればそのような下衆を神聖な集会の地へ入れるワケにはいかぬッ!!」

笛厨「・・・。」
どうやら目を付けられたらしい(聞く耳も持ちやしねぇ)。

・・・まぁ、いいや。笛使いその全てが吹き専と・・・地雷だと。それが大きな誤解であったコトをその眼に焼き付けている!絶対にだ!!

WVW69jYVdo4xE42Dhw.jpg

試練として挙げられたクエはこちら―――宿命の四天王

条件としては、この難攻不落な牙城を砕くコト
それ以上でも以下でもない、至ってシンプルな内容である。


―――うん、初心者を捕まえてそれを科すのはアナタちょっと酷すぎやしませんかねぇ?

確かにオンラインで全く戦わないってのは問題だと私も思うよ、でもね?アクションゲームが苦手な人もいるんだからそんな下位装備だったら制限時間フルに使いかねない大連続クエストを持ってくるのはさすがにダメだと思うのですよ?

「やっぱり笛使い輩は全て地雷ですか?晒しますよ?^^」

いいじゃねぇか!やってやるよ!そん代わり笛ちゃんが無事に戻ってきたらフルベビアイス1ダース奢ってもらうからなッ!覚えておけよ♪(ニッコリ)






そんな流れで始まった宿命の四天王戦

今回初めてTA方式での狩猟を試みた(キリッ

罠+閃光なし、オトモ同伴なし。
競う相手などはもちろん居ない。例え嘘で堅めに堅めてTA無し無しルール0分針討伐!!なんてコトを宣っても問題はない。

そう、逃げ道なんてモノは幾らでもある。
例えだらしねぇ結末を迎えたとしても、二ヶ月も前にやっていたクエなのだ。
立ち回りがだらしねぇモノだとしても、武器だけをこっそりと替えてしまえばカッコつけるコトなど簡単にできる。

でも、それでは意味がないと思った。

後付けのソレがどんなにカッコよくても、それは当時出した拙い全力には到底敵わないと感じた。

いわばこのクエについて書いたのは、完全な自己満足のセカイだ。それ以外のナニモノでもない。ただ地雷と呼ばれ晒された笛厨が、珍しくソロでも全力を出した記録を残したかった。それだけなのを許してほしい。(書いている内容の9割は自己満足です(*´∀`人 テヘ ごめんなさい。)

WVW69jYVfNEi6dQ9G2.jpg
ガ「雪がないのヤだよ~、ブラちゃんとポポちゃんが居ないココヤだよ~かえるぅ~(´;ω;`)」
笛「待って早まらないで!?今TA中そこ崖だからッ!?そんなところに頭を向けても良いコトないからこっち向いて!?」

先鋒は巨獣―――ガムート

かつて強烈なトラウマを植え付けられた笛厨だが、それはもう過去の話。
使い慣れないエリアルを、周囲に流されるままに使い、そして圧倒的な体力を前に絶望したあの頃とは違う。

立ち回りは、覚えた。
対面して右側―――つまり左牙よりも外側を位置取りさえすれば、弱点を狙いながらも被弾のリスクはかなり減らせる・・・の、だが

一向にコチラに頭を向けないガムートの姿がそこにはあった・・・orz
・・・うん。出だしからグッダグダであるw
まぁ、相手のモーションに受動的に対処して攻撃しか出来ない時点で、能動的に攻撃しつつ回避しながら攻撃もしている方々(TA勢)と比べるのがそもそもの間違いだった、という話なんですがね(遠い目)

WVW69jYVgQ8UOEDCOw.jpg

そんなこんなでスタン!
ここぞとばかりに弱点の牙にダメージを蓄積させていく。
攻撃する箇所は決まって左牙、攻撃の出始めが右牙から始まるガムートは左牙側の攻撃判定がかなり甘いからだ。

WVW69jYViA8NaKXdHV.jpg
開始から7分が経過しようとしたところで、ガムートを突破
しかし、笛ちゃんの集中力が途切れる魔の5分針には既に差し掛かっていた。恐らくはココを乗り切れるかが乙に繋がるかどうか、全てが決まるかもしれない・・・。

WVW69jaC_1kT07qK65.jpg

そう、先鋒はタダでは転ばない
圧倒的な力で敵に圧力を掛けるのが先鋒ならば、
その戦果に追従するよう生じた波を着実に乗せるのが、ないし仇を討つべく闘争を爆発させるのが次鋒である。

怒りに燃える次鋒は電竜―――ライゼクス

不肖笛ちゃん、コイツの対策が未だに掴めませんw
飛行移行時の削りでゴリゴリ削られるので、どうしても回復がないとまともに戦えないのですが(´;ω;`)ダレカオシエテ

通常の攻撃モーションは対面して左側―――右翼爪よりも外側に位置取るようにすると対処がしやすくなるのですが・・・飛行時の削りでやっぱりゴリゴリ削られる模様orz
ちなみに左翼側は出だしが対面して右側から来るモーションが多い関係で、笛ちゃんの動体視力では対応しきれないっス(´;ω;`)ムリデス

WVW69jYVjlk66uWhPe.jpg

そんなこんなでスタン!
帯電時の肉質は柔らかくなるのだが、攻撃が激化してチャンスに恵まれない時間が増えてしまう・・・。
能動的に攻撃を加えていかなければならないのか?しかしそれでは獰猛に削られた時に絶望する未来が見えるのですが・・・((´・ω・`;))

WVW69jYVlXUM8kMGF4.jpg
魔の5分針から抜け出した開始から12分弱、ライゼクスを突破
体力の多いガムートと同等の時間がかかるコトに危機感を覚えたライゼクス戦・・・そのうち真面目に対策しなくてはいけないかもしれないです。


副将は冷静に己が立たされた状況を理解し、考動できなければ務まらない。
崩れた波を引き戻し、自分の流れに組み込まなければ役割の遂行には至らない。

constant(着実)に、
そしてstoic(厳格)に―――。

だからこそ言えるコトがある。
四天王の中でも特に怒りやすくそして疲労が蓄積しやすい副将たる泡狐竜―――タマミツネ

WVW69jYVmxs09W_qxE.jpg

副将の器ではない―――と。

対面して右側―――左爪よりも外側ならば、範囲の大きい厄介な連続噛みつきもやり過ごせる。
攻撃の出だしは基本的に対面して左側から発生するので、その反対側ならば予備動作を見てからでも十分に対応ができるというワケである。
いうなれば、コヤツは先鋒として怒り時のラッシュで圧力をかけるべきだった―――のかもしれない。
紅一点としてならば・・・まぁ納得できなくもないのですが―――でもコイツお股にピーーー(自主規制)だしなぁ・・・(´・ω・`;)ガムートオンナノコダシ

WVW69jYVoRc9Ij40BJ.jpg

15分が過ぎたところで、タマミツネを突破
しかし移動のない塔では砥石のタイミングがちと厳しいか・・・。砥石を使うだけの隙がほとんど無ければ、黄色ゲージの斬れ味補正によりモロに下降補正を受けるコトになる後方攻撃が実質封印されるコトになってしまうのが痛すぎるorz

今作での真芯(黄色ゲージで斬れ味がプラスに加算される位置)は武器の出だし(根元)にあるので、高いリーチの先端を置いていく後方攻撃は悪い斬れ味では却ってダメージ効率が悪くなってしまう
黄色ゲージ主体で戦うのであれば前方攻撃にシフトするか、ぶん回しをモンスターと接する位の至近距離(インファイト)で繰り出す気持ちでなければ有効には機能しないと思う・・・。
斬れ味毎に使い分けられないので、ただの地雷な笛厨さんは緑ゲージ以下なら問答無用で研ぎますけどね?



団体戦における大将は、隊の統率を執るモノだと思う。

御大将は何も火力が優れたモノではなく、策を巡らせ敵を貶めるのに特化したモノでもなく。
将として配置されるモノには何かしらの、纏められるだけの強さがあるのだと―――。

大将 斬竜―――ディノバルド

立ち回りとしては左頬を狙うよう、左脚よりも外側を定位置にすると、唐突な尻尾の振り下ろし以外ならば対応がとりやすくなる。
後ろ脚よりも外側ならば、連続噛みつきの範囲からも外れているので対処も少し外側へ離れるだけでやり過ごせる。
軸合わせしつつの噛みつきも、脚よりも頭側に居れば誘発がしやすくなるので、距離感さえ掴めれば攻撃チャンスとみるコトもできた。
オボロげながらも、対斬竜の立ち回りは少しずつ整理されている。

WVW69jYVp5M1lmsMur.jpg

そんなこんなでスタン!
スタンを入れる前に帯嚢した場合には頭は極力狙わず、喉を狙う
経験上1度目のスタンが入った際、追撃の一発目で喉の爆発ダウンが入るパターンがかなり多いからだ。逆にスタンを取った場合は敢えて赤熱しているのであれば、喉に攻撃が吸われないようにスタンプは自重するべきかもしれない。

喉を狙うイメージとしては、前肢の手前を叩く感じ。
キャラでいうと、1キャラ分は頭を叩く位置よりも、ディノバルドに近寄らなければいけない。
攻撃後に高確率で繰り出される噛みつきは、股下までくぐり抜けてしまえば思った以上には当たらない。
気がつくのにだいぶ遅れたが、ディノバルドの股下は思いの他ガバガバでした(判定的な意味で)

WVW69jYVr6YWGH9E5k.jpg

時間にして20:35でのクリアでした。
火力を盛れば「下位装備でも5分針よゆうwww」らしいのですが―――まぁこの程度の腕ですよっと。

WVW69jYVsgcoB0dY2E.jpg
WVW69jYVsLkSdl4kV_.jpg

スキルは攻撃力UP【小】、笛吹き名人、耳栓です。
怒り移行時のカウンター咆哮をそのまま攻撃チャンスに出来たのでかなり手数を増やせました♪


WVW69jYVuF45iqK5u-.jpg
WVW69jYVtKgbCH9sLY.jpg

そんな感じで狩猟完了です、お疲れ様でした!

四天王とよばれる今作の看板モンスターは、ぶっちゃけてしまうとブログを書き始めるまではハッキリとした戦い方が分からない有様だったので、立ち回りが(ある程度)把握できるようになったのは自分にとってかなり有用だったな、と思いまs―――

よお おれだぞ「お、じゃあ今度は裸+TA無し無し狩技&回復&ストライカー旋律縛りに大好きなディオスベルLv.1で四天王と暴喰の王行ってこいや^^」

やめてください(こころが)しんでしまいます(´;ω;`)
やらねぇよ、ムリに決まってんだろ?そもそもまだHR開放してすらいねぇよ!


ドンドルマの方向音痴に謝罪の求めてみた。

WVW69jbNu8k_s8mMuu.jpg

いや、クセで笛の悪口言っちゃいかんでしょうよ(野良オンラインに向かって)?
笛ってだけでどんだけ罵声吐かれて蹴られてると思ってるんですかぁ!o(o・`з・´o)ノ


人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント