ブログ開設~2ヶ月の軌跡

随分と遠いところまで、来てしまった。
このブログを開設してから、2ヶ月の時が過ぎていた。

WVW69jRZsH4lVPWbG5.jpg

前のハードが天寿を全うした当初、アクティブに遊んでいるフレ達は激減していた。
新規で購入したハードにデータを映そうとした矢先に、引っ越しが万一失敗した日には全てのデータが消えるリスクを抱えているコトに気がついてしまった。


正直なところ、護石や防具なんかのデータそのものは、別に消えても問題はないと思った。

全てを再現するには時間がかかる、とは思う。
もしかしたら、護石の関係で完璧に元通りにはできないだろう。

フレさんに会ったときも「装備変わった?」と言われたときには
「データやらかしちった☆」とでも言っておけば、笑いのネタの1つにでもなるし、時間さえかければ何とでもなるのだから。



だが、実際にはそう簡単な話ではなかった。
ハードのデータの移植を失敗してしまった場合、フレの履歴も一緒に消えてしまう。

それは、自分の中では大問題だった。
かつてアクティブに活動していた、ギルクエや二つ名クエといった難関を一緒に突破してきたフレさん達と、一緒にプレイする可能性が限りなくゼロに近くなるのは辛かった

もちろん、フレさんの中にはたった一度しか一緒にプレイしていない方がいるのも事実だ。
名前を上げるつもりなんてサラサラないけど、フレさんの中にはプロハンw様から見れば、いわゆる地雷扱いされる(実際にされた)方もいる。
だが、そんな彼らも切り捨てたくはなかった。

私自身がプロハンw様からボッコボコにされた経験があるから、とかは関係ない。
一度しか一緒にプレイしなかったから、なんてのも関係ない。


フレになっていただいた以上は、笛ちゃんにとって彼らはみんな戦友なのだから。

PS(プレイスキル)がない、なんてモノは関係ない。
それが原因で困ったのであれば、笛厨なんかで良ければ、自分に分かる範囲でなら教えるつもりだ。
「下手だからお前は二度とオンに来るな」と言われたのであれば、笛ちゃんがソイツを見返してやれるように立ち回りを教えよう。

縛りではないけど一つの武器に執着するあまり、周りから良い顔をされなくなったから、なんてモノは関係ない。
いいじゃないか。強い拘りがあるのなら、好きなように使うのが一番だと思う。
「この武器が強いからそれしか使わないし、それ以外を使うヤツは地雷確定だからキックな^^」なんていうヤツはそのまま言わせておけばいい。
その拘りのある武器でも狩れるようになれば、文句なんてモノは言われないだろう。その為ならば、笛厨はいくらでもサポートするつもりだ。


これらは今までに実際にやってきたつもりだし、これからもそんな下らないコトでプロハンw様からボッコボコにされるというのであれば、そうならないようにやっていきたいと思う。


うん、話が逸れましたね。
ぶっちゃけてしまうと、このブログを立ち上げた主要素は、当たり前ですが「狩猟笛でもモンスターを倒すコトはできるんですよ!」というコトを知ってもらいたかった以上に、連絡のしようがなくなったかつてのフレさんに「自分はまだココでやってるよ」と、伝えたかったコトにあります。

ブログ開設当初は「笛厨(狩猟笛) Lela」で検索してもヒットしなかった当サイトが、2ヶ月が経過した今では検索に引っかかるようになってきたのがとても嬉しく思いました。

また、今は3DSでプレイしてはいない彼らと、また遊べる日が来るかもしれない、と思えるようになった。
彼らが検索してくれる可能性は限りなく低いけれど、ゼロではなくなったコトが何よりも嬉しかった。


WVW69jfgoewao3Ce2Xy.jpg

2ヶ月が経った今、自分はHR6になった。

コレを遅いとみるかどうかは、人それぞれだと思うけれど。
この2ヶ月という決して短くはない時間の中で、たしかに変わったコトがあった


かつて愛用していた装備の構成が変わった。

護石の関係もあるのだが、初めからプレイをやり直すに当たって装備の見た目やスキル構成を見直す機会ができたのが特に大きいと思う。
かつてのイザコザから毛嫌いしていつしか使わなくなった一式装備を再び使うコトになるとは思わなかったw
装備が問題なのではなくて、一番の原因はやはり中の人自身なのかもしれない。


かつて一緒に遊んでいたフレさんが戻ってくるようになった。
といっても、名前は伏せるけれど主要な人物(P2Gからの親友)には、自分からアプロ―チをかけたのだがw

やっぱり、オンに入っていないフレさんにもメールで意思疎通ができるアドホックパーティー(PS3)は偉大である。
NINTEND○には、是非そこら辺を参考にしてほしいと思いました。
モンハンを半引退していたつもりだったのかもしれないが、この笛ちゃんに捕まってしまったからにはアレだ。運の尽き、というヤツだ。例えエグいクエであっても、昔のようにとことん付き合ってもらうつもりなので覚悟してくれw
もちろん貼るクエはソロでもやりますがね。



何よりも変わったと実感したコトは、ブログを開設してからの知り合いができたコトだろう。
色々とブログを書いてみたけれど、実際に見ていただけるかどうか、正直不安でいっぱいでした
誰がどれだけ見てくれるかは分からない。
拍手やコメントを入れてくれると、間違いなく「読んでくれたんだ」と実感は沸く。
例えそれが批判や中傷の類だとしても、それには「その人が伝えたかった意思がある」のだから、今では傷つく以上に素直に有難いと思う。

逆にコメント(意見)が一切ない記事なんていうモノは、言い方はアレだが「誰からも必要とされていない」のではないかと思ってしまう。
興味を持たれない、と表現するべきなのでしょうか?
プレゼンなんかで誰からも意見が出てこない企画ほど「ムダな時間を過ごさせてしまった」と感じずにはいられないように、ただただ申し訳なくなってしまう。

でも、だからといってコメントや拍手を強要するのは、やっぱり筋違いだと思う。
意見さえ出てこないような興味のないモノに返事を書くコトほど、苦痛なモノはない。

今子ども達が躍起になっている(であろう)、読書感想文なんかはまんまそれだと思うw
(今だからこそ言えるけど、夏休み最終日までほったらかしてていざ書かないといけないとなった時のあの絶望感よ・・・意見なんてモンは全くないからぶっちゃけ3行くらいで終わりますし。あとは本文から引用して無理矢理感想を捻り出してましたw)


そう思っていた中で、コメントしていただいた方には感謝をしてもし足りない気持ちでいっぱいです。

初めてリンクを貼らせていただいたきみきさんには頭が下がる思いでいっぱいですし、いつもコメントをいただいているロキさんには足を向けて寝られません。
ハードが壊れてご無沙汰になっているけど、ブログにまで駆けつけてくれたぽっぽちゃん(※)をはじめ、ご覧いただいた方に素直にありがとうと言いたいです。
(※)私が尊敬する友人の一人で、一つのコトを突き詰めた先に在る境地に辿り着いた―――ランポスの神様です。

本当にありがとうございます!

これからも、興味を持っていただけるような記事を書いていければな、と思っております。
また、ご一緒にプレイができる機会があれば、是非お願いしたいと思っております。

WVW69jfhIsUqXQzYrR.jpg

―――さて。
今更なんでこんな話をしたのか、というと、実は今回書こうとしている記事のモンスターには個人的に少し因縁がありまして・・・

ハイ、不肖笛ちゃん。そのモンスターの狩猟で晒されておりますw

うん、笛でもかなりニッチなコトをやっている自覚はありますし、「笛 Lela」で検索したらまず飛び込んでくるワードが地雷ユーザー晒しスレな辺りで「あっ・・・(察し)。」になるコト請け合いですがね・・・(遠い目)。



今回の記事が遅れたのは、あくまでだらしねぇ記事ではなくて、自分の中で(ある程度)立ち回りを確立させたケジメをつけた歪みねぇ記事を書きたかったからであって、決してフレさん達を上位装備欲しさにイベクエに連れ回していたワケではないんだからッ!?


・・・

・・・・・・。

更新サボって遊んでてすんませんでしたッ!?

WVW69jYSIsYLd5Nsndbr1.jpg
↑笛厨Lelaが地雷ハンターとして産声をあげるコトになった原因

相変わらず、とんでもねぇ悪人面である。


人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント