村6~縄張りに侵入するべからずetc.

可愛いペットの捜索依頼を受けた。



なんでも、最近のナウでヤングな若者(チビッ子)の間で大流行しているぽけもんG○!とかいう色んな子を余所から捕まえてきて仕舞っちゃう遊びをしている最中にお気に入りの子がいなくなってしまったらしい。
誰も通りすがらないであろう夜中に公園や公共の場も隈なく探したのだが見つからず、目撃情報に縋る思いで息を切らしながら隣町まで歩いたが結局は無駄足だった、というのだ。

黄色いピリピリツンツンしたプリチーなピ(自主規制)カチュウという小さい子、だというのだが・・・。


そうだよね~、仲間を集めて統計学的に出現する方角を特定しないと限られた自由時間と貴重な睡眠時間も費やさないといけなくなるから皆必死なんだよね~って――――

・・・それ誘拐と監禁ってヤツじゃ・・・あっ(察し)。

ジュンサー(お巡り)さん!?この金ピカです!
金ピカ「ちょ・・・おまwくぁwせdrftgyふじ子!?」


・・・ふぅ。
まったく小さくてカワイイ子の誘拐を企もうなんて、紳士の風上にも置けねぇな!

イエス○リータノータッチ!
って格言を知らんのか?最近のおっさんはヾ(`・3・´)ノ


・・・チラッ
あ~、なんか急に夜の風に当たりたくなっちゃったな~?
ちょお~と誰もいないかもしれないけど、隣町の公園にでも歩いて行ってみようかny(お巡りさんこの笛厨です!



―――そして歴史は繰り返される。


※歩きスマホは危ないので止めましょう、笛ちゃんとの約束だゾ♪
・・・運転スマホ?論外だよ!


WVW69jYF7rUsPUrs96.jpg

今日はピ(自主規制)カチュウ―――げふんげふんw・・・ジンオウガへ行ってきました。

・・・え?ピカ様とこんなザコ(プロハンw視点)を一緒にすんな?シバくぞ―――だって?

・・・。

だってさ―――電気タイプで看板(モンスター)やろ?一緒やんけ!

つーかさ、アレだよ。ピ(自主規制)カチュウに黄色いポ○ックをしこたま食べさせて「たくましさ」を最高にさせて、「じゅうでん」と「たたきつける」を覚えさせて「Lv.51の懐き度を最高」にした状態で「りゅうのキバ」を持たせたまま「1匹だけで殿堂入り」したらジンオウガになるんやで?

ちなみに「ジンオウガ」のステータスはこんな感じ
タイプ1 でんき タイプ2 ドラゴン
とくせい ちからずく
H 60
A 125
B 40
C 70
D 102
S 88
専用技 ヘビィボンバー ミラーコート りゅうせいぐん 
※全部デマカセです、魔に受けても笛ちゃんは何の責任も取りませんのであしからず。



う~ん、ビミョいw
特殊不一致ならワンチャンサブウェポンなら耐えられそうだけども、だども・・・!
Aが130以上か・・・いや、そもそもSが103以上でもないと使い勝手が、要注意ポケ筆頭の鮫を越せないのが・・・(グギギ)

―――ちくぢょう、あくまで趣味ポケの域を出るコトはできないのか・・・orz(そろそろ茶番やめーや

うるさい!?初代(赤)から頑なに「ドククラゲ」をPT(ガチ)に入れてかつとかたわめく中の人なんかに言われたないやい!
(なんでや!?ドククラゲカッコ可愛いし強いだろ、ふざけんな!だって珠サンダーの雷確定耐えからのレッドカードinミラーコートとか絶対読まれないぞ?)

うっわ~↓クッソみたいにゲスい性格出てるぅ~↓↓
(いや、マジでドククラゲは強いから!なんでみんな使わないのか不思議な位のポテンシャル秘めたポケモンだかr(ダマレや!?コレ一応モンハンの記事だからコレェ!)


―――ごほん、そんなワケでジンオウガになります。
MHP3の看板モンスターにして唯一の牙竜種です。
特徴としては甲冑のような分厚い青い甲殻で覆われた胴体に、隆々とした前肢や尻尾を籠手のように保護する棘々しい黄色い甲殻と、さながら鎧武者ような物々しい容姿になります。

攻撃モーションも、大柄な体躯特有のゆったりとした予備動作から始まるので
「あぁ、コイツ威力があって範囲もあるけど、オオナズチみたいに動きが鈍いヤツか」と油断させておきながら、直後とんでもない速さで肢や尻尾を叩きつけてくる初見殺しさながらな、緩急を伴った攻撃が特徴的ですね。

このジンオウガですが、容姿から察していただけると思いますが、胴体や前肢、尻尾(先端)は肉質の通りがかなり悪いです。
弱点部位は、頭や胴体の甲殻に覆われていない僅かな隙間から覗く背中や後ろ脚(踵部分)になりますので、弱点を狙ったつもりがうっかり胴体に当たって弾かれて隙ができる、といったコトが割と頻繁に起こるのでご注意を。


さて、対ジンオウガの立ち回りですが
ジンオウガの攻撃モーションの出だし(予備動作)と終了後には必ずといって良いほど大きな隙があるので、卒なく狙っていきたい所です。
常に念頭に入れておくべきモーションとしてはダイナミックお手旋風脚(←↓↙+K)がありますが、攻撃の判定はどちらかというのと対面して左側だとホーミングが甘くなる傾向にあるので、頭を狙う場合は出来るだけ右頬側を狙うようにしたいですね。

イメージとしては、こんな感じ

WVW69jYF8PAVhqHcj-.jpg

攻撃後は威嚇まではしないものの、一撃を当てるには充分な程の硬直時間があるので積極的に狙いたい所。
但し、TA動画等を真似して、ダメージ計算もしないで怯み前提の溜め3や高出力属性解放斬りぶっぱなんかをやると、大体は返り討ちに遭います。
※TA動画のゴリ押しにもみえなくもない立ち回りは、緻密なダメージ計算や怯み値・スタン値計算をした上での攻撃になります。「高威力のモーションを当てればいいんだろ?」なんていう甘い世界ではありませんのでご注意を。

TA動画は非常に参考にはなりますが、動きを完コピしたから5ラスタ討伐ができるか、といったらそうでもないんでね。
あくまで参考にするだけにして、後は自分に合った動きに改造していくのがベストかと思います。


WVW69jeCuesI7oE4EW.jpg

そんなこんなでスタン!
スタン中は背中を叩ける数少ない機会になるので、部位破壊を狙うのであれば積極的に狙いたい所です。



さて、ジンオウガには手塚ゾーンと呼ばれる立ち回りがあるコトをご存知でしょうか?

ジンオウガの軸合わせにはある一定の法則があるのですが、この特性を利用してあたかも武器に吸い寄せられるかのように、ジンオウガの頭が差し出すように仕向ける戦術―――まるでテ○スの王子様の手塚ゾーンのように見えてしまったコトから名付けられたらしいですw

うん、この動画を初めて見た時はマジもんのヘンタイだと思いました(失礼)
だって、どう考えてもあの発想は中々出てこないですもん!普通に考えてあり得ないでもん。




それでは、手塚ゾーンのやり方の前に、まずはジンオウガの軸合わせについてザックリと説明します。

・ジンオウガが軸合わせをする所をよく観察していると、後ろ脚のどちらかを軸足にしてそのまま180度(ハンターが居る方向)へ振り向くのが分かるかと思います。
※軸足とはいっても後ろ脚は振り向きに合わせて一歩分は移動しているので、ジンオウガの真横で待機している時に軸合わせをされた時に分厚い胸板に抱かれるように頭が真上にくる(エリア端だと腕に引っかかって抜けられずそのまま叩きつけ→起き攻め→キャンプコースに入る)状況ができるのはこの為です。

決してジンオウガが近眼で目が悪いから軸合わせを失敗しているワケではありませんw仕様です

・軸合わせの時にどちらの脚を軸にするのは、ハンターが尻尾よりもどちら側に居るか(頭に近いのはどちらか)で決まり、具体的にはハンターがより近い側の脚を軸にして向きを修正してきます。

つまり、ジンオウガが軸合わせをする時は
尻尾よりも右側に居れば、時計回りに軸を合わせ、
尻尾よりも左側に居れば、半時計回りに軸を合わせるようになります。


・軸合わせ時に頭がくる位置は、軸足を中心として尻尾の先端部の円周上になります。
要は、ジンオウガの軸となる後ろ脚をコンパスの針に見立てて、尻尾をコンパスのペンと考えた時に書けた円の線上に立っていればそこで武器を振っていれば攻撃に吸い寄せられるように頭を差し出してくれる構図が出来上がります。



では、これを踏まえて実際に軸合わせに攻撃を被せてみましょう。

WVW69jekbYodtKcorj.jpg

ジンオウガ は 尻尾ビターン を くりだした ! ▼

今回は超帯電状態へ移行したわんこちゃんに尻尾ビターンをしてもらいました。
せっかくだが、笛ちゃんはココで左へ避けるぜ!

しかし 攻撃 が 外れた ! ▼

WVW69jekbrESjy09rf.jpg

ジンオウガ は どうする ? ▼

軸合わせ(Left)   ◀ 
軸合わせ(Right)


・・・ふむ。
この位置だと、軸脚は左後ろ脚になるから―――少し先端側へ移動しよう。

WVW69jekb_o_tKLjOh.jpg

ジンオウガ は 軸合わせ(Left) を くりだした ! ▼

待ってたぜ!ピ(自主規制)カチュウちゃん♪(オイ馬鹿止めろ

WVW69jekcT4FtSqM5P.jpg

こうか は ばつぐん だ ! ▼

後方攻撃が決まりました♪
こんな感じで、軸脚と頭が来る位置を見極めるコトができればより多く弱点を狙えるようになると思います。

WVW69jcdq14bFKEkE4.jpg

もっとも、調子に乗ってエリア端まで行くと逞しい胸板に抱かれて、その挙句に

WVW69jYGAi0LyNJJvB.jpg

こうなります
エリア(画面)端で腕に退路を塞がれると絶対回避を使ったところで結局腕に引っかかってしまうので逃げられません。
攻撃をする時のエリアの地形と角度をよく観察するようにしたいですねw

WVW69jYGKQgLgajOvf.jpg

以上で狩猟完了です。
お疲れ様でした!ピ(自主規制)カチュウゲットだぜ♪

たしか、仕舞ってお持ち帰り捕獲するのが依頼だった気がするけど―――
進化しちゃってるから問題ないよね☆(ノ´▽`*)テヘ


さて、ここで今日も盛大にぶっちゃけようと思う。
仮にも笛を使う人間としてあるまじき発言をぶっちゃけますが―――


・・・超帯電状態のジンオウガがかなり苦手です。
何回やってもダイナミックお手で段差やエリア端に誘われて、ボッコボコにされる未来しかみえません・・・orz

うん、二度と笛担ぐなクソにわか!エリア移動されて帯電されてる時点でその立ち回りが終わってんだよ!と近い将来カリピストの方からボコられ晒されるかもしれませんね・・・。
逆鱗に触れない程度に細々と精進しますです、ハイ。




WVW69jeCytg9-DBj43.jpg

エリア移動が阻止出来ねェ・・・。
ついでに超帯電入るまでに仕留めきれねェ・・・orz

初期エリア討伐を真面目にやるとしたら、マジで怯み値とスタン値を防御率込みで計算せにゃならんかもしれんですね・・・
自分アホなんで到底ムリそうですがw


人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント