FC2ブログ

うたわれるもの~【超特殊許可】青電主狩猟依頼

―――最後だ。


seidenbtn1.jpg


コレがおそらく、MHWまでで最後の二つ名挑戦になる。

豊富にあると思われていたタイムリミットは、既に二週間を切っていた。
他のレベリングをする時間も、超特殊に挑戦する時間も残り僅かでしかない・・・。


だからこそ―――


seiden0.jpg


最後に挑戦するのは、コイツにしようと決めていた。

今作最強とさえ謳われる二つ名個体―――青電主ライゼクス

スキルの関係で雷耐性が低くなってしまう今作の仕様、そして攻撃倍率17倍から繰り出される超火力により被弾すればほぼ即死に繋がるコイツは、かつて四天王最弱と呼ばれた頃の面影は微塵もない。


勝てるかは、正直なところ分からない。
ライゼクスはそもそも致命的に苦手な笛厨にしてみれば、レベリングの時ですら失敗を繰り返していた。

けれど、やるしかないんだ。

自分に納得がいく形で、次に進むのなら自分が「これで終わってもいい」と思えるようにしないと・・・

冠の大きさなんて、どうでもいい。
クエストを完走できない、なんて興味はない。


ただ、満足のいく結果さえ残せれば―――



さあ、最後の挑戦を始めようか・・・!







二つ名最強とさえ謳われる青電主ですが、怒り状態へ移行するまでは原種とそうは変わりません。
ただこの時点で超特殊では被弾しようものなら、ほぼ全ての攻撃で即死ないし瀕死に繋がる点に注意する必要があります。


seidenhuku.jpg


開幕の咆哮は、青電主が左脚を踏み込んだタイミングで回避すれば回避性能を付けなくても避けられます。
青電主戦ではまずコレが安定するようにしないと、攻略はかなり厳しくなりますが(´・ω・`)


seidenhuku1.jpg


咆哮モーションはかなり長いので避けてしまえばそのまま攻撃チャンスに繋げられます。
具体的には後方攻撃を一発分当てられるだけの隙があります。


咆哮後頭へ攻撃を加えた場合は、その後の回転尻尾に注意。
頭に張り付く位接近していた場合は、高頻度で回転尻尾へ派生します。


seidenbtn.jpg


回転尻尾を半回転後は尻尾ビターンに繋げてくる点は原種と同じ。
ただしサイズがかなりデカくなっている分、位置取り次第ではかなり避けにくくなっている点にご注意を。


seidenbtn1.jpg


やり過ごせてしまえばそのまま攻撃チャンスへ繋げられます。
この位置ならば、その場で右ぶん回しを一発、


seidenbtn2.jpg


そして間を置かずに後方攻撃を入れれば頭に当てられます。
尻尾ビターンがくるタイミングで頭付近にいた場合に限り後方攻撃を2回当てられるものの、その直後に回転尻尾に派生した場合は後方攻撃の硬直中を狙われるので安定するかと言われると微妙なところ・・・








尻尾が電荷状態になると尻尾突き刺しから放電を行う点は原種と同じですが、コチラは放電後にサークルを展開し更に広範囲へ落雷を落とす点に注意。
ちなみに尻尾突き刺しの時点で被弾した場合は、放電込みで即死が確定します(´・ω・`)


seidensippo.jpg


放電後のサークル落雷は範囲を拡大しながら3周します。
1周目の落雷が目の前を通過した直後にサークル内に入れば放電の判定は消失し、攻撃チャンスへと繋げられます。


seidensippo1.jpg


素歩きで近づいた場合は、尻尾へ右ぶん回し+後方攻撃がギリギリ入ります。
ただし、最初に後方攻撃を入れた場合は位置取り次第で2周目のサークル落雷に接触する場合がある点には要注意。


seidensippo2.jpg


尻尾突き刺し後ならば絶対回避で放電+サークル落雷の1周目をまとめてやり過ごすコトが可能。
さらに接近するまでの時間を短縮できるので、前方攻撃+スタンプを尻尾へ叩き込むだけの隙を確保できます。







怒り状態に移行する際は、咆哮回避後に右ぶん回しが安定


seidenhuku2.jpg


本来ならば後方攻撃を入れたくなるのですが、そうすると直後の強制青電荷に間に合わないのでね(´・ω・`)


seidenhuku3.jpg


怒り後は全部位を強制的に電荷状態へと移行します。
この状態を青電荷と仮称しましょうか(´・ω・`)



青電荷へ移行すると各部位毎にモーションが追加されますが、そのモーションは以下の通り


翼電荷時
ジケルド(8割ダメ+気絶確定)

トサカ電荷時
ゼクスカリバー(即死)

尻尾電荷時
尻尾突き刺し+放電(麻痺&放電込みで確定1発)

全部位電荷時
・ベルキック(9割ダメ+青電荷リセット)




・・・。

まあ、ぶっちゃけてしまうと、基本被弾した時点で地面ソムリエに永久就職すると考えてまず間違いないかと(´・ω・`)


一応ベルキックによる強制電荷リセットを待たなくても、攻撃で怯ませるコトが出来ればその部位の電荷を解除できる点は原種と同じです。まあ、獰猛個体以上の怯み耐性があるので楽ではないんですがね(´・ω・`)
そんで疲労でも解除はしますが、笛を担いでても疲労が来るのは30分フルに叩き続けてせいぜい2回ある程度なので当てにも出来ません・・・。







青電主において、絶対に被弾してはイケナイコンボが存在します。
青電荷へ移行したホバリング時に派生する可能性がある点に要注意


seidenerar.jpg
翼電荷中に低空飛行へ移行した際、一定時間周囲のプレイヤーを吸い寄せる電磁球を放出する通称「ジケルド」。アマツマガツチのダイソンと同じく抜刀状態では確実に吸い寄せられてしまうので納刀してダッシュで距離を維持する必要がある。被弾すると8割ダメ+確定で気絶。


青電荷中にジケルドを繰り出すのがコンボの始動、


seidenerar1.jpg
正確に軸合わせをした後に前方高射程で繰り出す即死技「ゼクスカリバー」。超特殊個体では防御900+雷耐性40以上無ければ即死圏内から抜け出せない。トサカ電荷以上で地上および空中にいる際に使用してくるので特に警戒する必要がある。軸合わせ中にライゼクスを支点に直角へ移動していればギリギリやり過ごすコトは可能。


空中ゼクスカリバーを繰り出してきた時点がコンボ確定
ジケルドの影響で直角へ移動してやり過ごすコトが出来ないのでダイブ回避推奨
なお、ダイブ後にジケルドに被弾した際はコンボによる即死が確定いたします(´・ω・`)



seidenerar2.jpg


ゼクスカリバーをダイブ回避でやり過ごした場合、直後にベルキックが飛んできます。
ジケルドとの距離と段差に要注意。
これでコンボフィニッシュになります(即死級モーション3連発)


seidenerar3.jpg


コンボ後は確定で全電荷を解除して威嚇モーションへ派生します。
笛ならば抜刀攻撃→右ぶん回し→スタンプ→後方攻撃を頭に入れるだけの隙があるので、是非とも活用したいところ



seidenstan.jpg


そんなこんなでスタン!
スタン中は電荷解除は出来ないが怯み値を蓄積させるコトは可能となります。
出来れば一番厄介な即死技を持つトサカを狙いたいところ






思えば、これまで二つ名ソロを挑戦して、幾度となく死線を潜り抜けてきた。


楽なモノなんて―――一つとしてなかった。
失敗して、挫折したコトなんて山ほどある。


既に、残り時間は限られている。

その時間内で全ての二つ名を攻略するには・・・ソロでレベリングをするには、とてもじゃないが時間が足りなすぎる・・・。

だからこそ、最後はコイツにしようと決めていた。

鏖魔ではなく、荒鉤爪ではなく―――今作最強とすら謳われる青電主、と。


原種の時点で二つ名を持つモンスターの中ではもっとも苦手な相手だった。
小さな隙に攻撃を重ねていく狩猟笛では、小さな隙が少なくラッシュを多用するライゼクスは相性が良いとはいえないのかもしれない。
むしろ攻撃後の大きな隙を付ける大剣の方が相性としては噛み合っている気さえした。


けれど、


笛で行きたいと思った。


相性ではなく、笛厨として胸を張れるようになりたい。
金冠なんかの形のあるモノとしてではなく、笛厨としての在り方で胸を張りたかった。


決して、効率的なプレイングとはいえない。
利口なやり方では、断じてなかった。


もし、こんな自分を何も知らない人がみたら間違いなく笛厨が地雷認定されるのは、当の昔から知っていた・・・。


野良に潜れば5割の確率でキックされる、そんなモンハンだけど―――それでも笛が好きなんだ。


笛で勝てるように努力してきた。
勝てないのなら、勝てるようになるまでやり続けてきた。

他の武器種と比較しても優遇された時期なんて、ほとんどないけれど。
それでも好きだからこそ、今まで続けられたんだ。



seiden1.jpg


それはきっと、これからも変わらないだろう。
MHWで狩猟笛が弱体化の憂いを受けているとしても・・・たぶん、きっと、めいびー。


seiden2.jpg
seiden6.jpg


タイムは31'06"12でした。


seiden3.jpg
seiden4.jpg


装備の詳細はこんな感じ

イクセギルドの火力盛り、匠業物の方が期待値は伸びるけど笛吹き名人を消すのは笛厨的にどうなの?ってコトでこうなりました(´・ω・`)


seiden5.jpg


そんな感じで狩猟完了です。
お疲れ様でした!


seiden7.jpg


青電主の防具合成と色彩設定が追加











~オマケ~


フルフルさんの合同企画祭に部屋主として参加させていただきました。
アメブロじゃないけど・・・別にいいよね?(事後承諾)


だって、入りたかったけど何処も部屋満席で入れなかったんだもん!?。・゚・(つД`)・゚・



_20180115_002622.jpg
_20180115_002705.jpg
_20180115_002739.jpg


狩り風景というか、雰囲気というか、そんな感じのSS
合計7名の方がお越しくださいました♪


なるをさん、sasacoさん、wakanaさん、Yoshi△さん、かんぺーさん、はらぺこさん、VERYさんどうもありが|ω・)9"㌧㌧



人気ブログランキング


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。