FC2ブログ

吹けない相手~【超特殊許可】燼滅刃狩猟依頼

いったいどれだけの屍を積み上げてきたコトだろう・・・?


tyozinmetsu03.jpg


演奏するタイミングでの乙は既に見飽きていた。
エリア移動と同時に火だるまにされ、そのまま体勢を整えられずに膝をついた回数は最早数えきれない程だった。
演奏はおろか回復する暇さえも与えられない、それは超特殊燼滅刃の狩猟依頼


tyozinmetsu00.jpg


回数に制限のあるモドリ玉に頼り続けるワケには、イカなかった。
演奏するタイミングを確保する為にスキルを、そして―――旋律さえも変えざるを得なかった・・・。

吹かない笛など、ただの置物にもならない。

同じ鈍器であるハンマーにも遠く及ばないモーション値、そしてスタン値・・・
それを見れば、他武器との数少ない差(個性)である演奏までも削ってしまっては、確かにハンマーの劣化と言われても不思議はないかもしれない・・・。


―――けれど、


tyozinmetsu01.jpg


最適解なんてモノは、タイムなんてモノには興味はなかった。
当の昔に笛厨は、笛厨を名乗るようになってから、TAというモノから距離を置いている。

そんな自分でも、譲れないモノは確かにあるんだ・・・。
かつて一度は対峙した、突破した燼滅刃は何としても突破したかった・・・。

そこにあるのは、只々―――笛厨としての意地だけだ。

TAに多く採用されているというコトは、攻撃するタイミングが多く、早期討伐が十分に可能であるという裏付けにもなる。
そういう点でいえば、燼滅刃は世間一般でいえば良モンスなのかもしれない。


問題は・・・


tyozinmetsu02.jpg


笛厨が、この燼滅刃へ特に苦手意識を持っているというコト
ここまでで5分未満での乙は数えきれない程かましていた・・・。


攻略の糸口の見えない戦い・・・
空前絶後の乙祭りは既に始まっていたのだった・・・。






燼滅刃のG級個体からは、新規モーションが追加されたコト以上に、軸合わせのバリエーションが多く追加されたのが辛いところ・・・

上位まで多用してきた噛みつきながらの軸合わせを繰り出す頻度が減少したので、攻撃チャンスを掴みにくいというのが最大の変更点かと(´・ω・`)

振り向きから派生する軸合わせ行動は、噛みつき軸合わせを除くと全部で3つ


・尻尾薙ぎ払いで距離を取ってからの3連ブレス
・後退しつつ軸合わせ
・その場でゆっくりと軸合わせ(攻撃チャンス)


になります。
G級個体からは距離を取ると積極的に3連ブレスを使用してくるAIへと変更されたのか、距離を離されると容易に近づくコトが困難となってしまうので上記2つは特に警戒する必要が出てきます。


tyozinmetsukmtk1.jpg
全体的に使用頻度は落ちてしまったものの、2連噛みつき後は確定で振り向き噛みつき(その後ラウンドフォース)へ派生するのは上位の頃と変わらず確定行動となる。ただし、振り向き噛みつきに被弾するとラウンドフォース派生をキャンセルして「ど、どどどどど童貞ちゃうわ!?」のタイミングで狼狽えチョッピングを繰り出してくるので要警戒。


tyozinmetsukmtk2.jpg
ブレイヴ笛ならば、納刀継続から前方攻撃を繰り出すようにすれば、位置取りをミスってもイナシで狼狽えチョッピングの範囲外へ抜けられ、位置取りが正確ならばそのまま前方攻撃を当てられるようになる。


tyozinmetsurf.jpg
超特殊は最大金冠確定となったコトで、ラウンドフォースの安全地帯はよりシビアに・・・具体的には頭よりも尻尾の付け根側をキープ出来なければ乙が確定する。燼滅刃自体が巨大化したコトで距離を離されやすくなったものの、距離を取ってやり過ごすには溶岩島は不安要素が大きいのも問題点。やり過ごすコトで出来れば、確定で威嚇モーションへ移行するので尻尾へ追撃を入れるチャンスにはなる。


・・・。


最大金冠確定となった為に、笛厨程度のPSでは頭を狙い続けるコトが困難となってしまいました(´・ω・`)
上記2つを除くと安定して頭を狙えるのは、

・咆哮
・爆熱状態移行
・ブレス後

位しか無くなってしまったので、頭に張り付くのは笛厨じゃぶっちゃけ無理っす(´;ω;`)ブワッ


tyozinmetsu7.jpg


なので、基本はチョッピング後の尻尾を攻撃する流れになりますた(´・ω・`)
頭と尻尾の攻撃を入れる頻度は、だいたい3:7位になるんじゃねーかなぁ・・・(笛で行く意味とは・・・







ラウンドフォースもそうでしたが、超特殊燼滅刃で絶対に被弾してはイケナイ新規モーションはコチラ


tyozinmetsutp1.jpg


尻尾が爆熱状態のみ派生する、尻尾を赤熱される長い溜め動作からの―――


tyozinmetsutp2.jpg


チョッピング尻尾!
尻尾叩きつけの直後に広範囲への爆発がある点にご注意を。
何れのモーションにもそれぞれ当たり判定があり、800程度の防御値では即死が確定します。

イナシで対処するのがベターですが、尻尾をイナす場合は位置取りをミスると捲られる可能性が出てくる点に注意。爆破の判定は一瞬なのでフレーム回避も可能なのですが―――


不肖笛ちゃん、この爆破判定の回避成功率は2割未満というね・・・(´;ω;`)ブワッ

そんな即死綱渡りを30分以上も続けられる鋼のメンタルなんて笛厨は持ち合わせておりません(´・ω・`)


tyozinmetsu8.jpg


そんなこんなでスタン!
納刀継続からの後方攻撃を当てられるだけ当て続ける、ここでどれだけ体力を削れるかで戦況は大きく変わってくる。

そう、ここで演奏をしている余裕はない。
元より、演奏に費やす時間は最小限にしてある。


tyozinmetsu10.jpg


今回選んだのは、あしたづの音動厭舞鈴
高い攻撃値に加え会心率を持つ、の旋律になる。

度重なる挑戦の末に、笛厨のPSでは攻撃力強化を含む他の旋律は維持が出来なかった・・・。
考え抜いた末に、自己強化以外の全てを捨てるコトにした。


火力スキルを防御スキルに置き換え、手数だけを出すコトに注力した。
既に笛の長所はなくなってしまった・・・。

吹かない笛、それは他の武器の劣化でしかないかもしれない・・・。
それならば、他の武器で挑んだ方が遥かに効率的だった。


でも、自分には笛厨としての意地がある。
曲がりなりにも笛使いとして、何としても笛で突破をしたかった。


回復は既に底をついた。
体力を満タンにする手段も、隙すらもなくなった・・・。

でも、笛厨としての


tyozinmetsu0.jpg

意地だけは、通す・・・ッ!


tyozinmetsu1.jpg
tyozinmetsu5.jpg


タイムは34'31"21でした。


tyozinmetsu2.jpg
tyozinmetsu3.jpg


装備の詳細はこんな感じ


高級耳栓+最低限の火力を維持したブレイヴ笛
ここまでしなければクリアはおろか、攻撃する隙さえも見い出せなかった・・・。


tyozinmetsu4.jpg


そんな感じで狩猟完了です。
お疲れ様でした!


tyozinmetsu6.jpg


燼滅刃の防具合成と色彩設定が追加!
もう・・・もう燼滅刃はお腹いっぱいでふ・・・・゚・(つД`)・゚・



人気ブログランキング


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。