臆病な勇気~【超特殊許可】鏖魔狩猟依頼

弱点を突けない相手というモノが、こんなにもやり辛いとは思わなかった。


何処を叩いても有効打を与えられないというコトは、何処を攻撃しても大して変わらない―――その程度の認識しかなかった。
しかし、実際にはそれは大きな間違いだ・・・。





有効打を与えられない―――
それは即ち、時間内に体力を削り切るのが困難だというコトに直結する。


スタン耐性値が比較的低いとはいえ頭が弾かれてしまう以上、打撃武器のセオリー通りに頭を狙う立ち回りは使えない。
脚を狙い転倒を誘発しようにも、耐久値が高く部位破壊するまでは転倒しない性質上、脚を狙い続けるのも効果が薄い。
最も肉質が柔らかい腹、背中、翼腕は最大金冠確定の超特殊相手では常に攻撃し続けるコトが難しく、深入りでもすれば手痛い反撃を貰うきっかけに繋がりかねない。



元々、笛厨はディアブロスというモンスターが好きではあった。


ブレス等といった遠距離攻撃を持たず、無骨なまでに肉弾戦を繰り出す性質からやりがいのあるモンスターという印象がある。
P2G当時は村上位のマ)王ディアに大苦戦し、それこそ何日もかけて攻略したというのが大きいのかもしれない。

角が壁に刺さるように突進を誘発したり、その為に敢えて部位破壊をしないようにしたり・・・
それこそモンスターの性質に合わせる戦い方をするようになったのはディアブロスが最初かもしれない。


苦労して、ようやく戦い方を見つけ攻略した時の達成感がとてつもなく大きかった最初のクエストは、そんなマ)王ディアだった。
それ以来、シリーズを通してディアブロスを好き好んで狩りに行くようになった。
肉質の都合上頭こそ叩けないが、それでも笛だと戦う幅が広がるモンスターだった分、戦っていて楽しいというのが大きかったかもしれない。
そういえば、笛使いであってもあまり見向きもされない高周波を好き好んで使うようになったのも、このディアブロスが非怒り時に音爆弾が効く性質を上手く利用しようとしたからだったと思う。


強い―――が、それ以上にやりがいのある戦っていて面白いモンスター

それが、笛厨にとってのディアブロスだ。


oumatyo.jpg


だが、今の鏖魔にはそういった感情を持つコトが出来ない。



MHXXの発売決定の情報を見た当初、ディアブロスの二つ名個体の情報を聞いて胸が熱くなったのが、遠い昔のコトのように感じる・・・。

だが、実際に蓋を開けると、


打撃武器の長所を露骨に殺すような肉質
後半になると疲労しなくなり、スタンを取るような肉質でもなく、そして高周波を狙う意味さえ剥奪される。


笛では・・・打撃武器では期待していた楽しさを全く感じられないモノに変わっていたコトに対する落胆が大きかったのも拍車をかけたのだろうか?

笛で戦うコトで楽しめる要素を徹底的に奪い取ったこの鏖魔には、やりがいというモノを、どうしても見いだせなくなっていた。


それでも、こうしているうちにMiiverseでSSを撮れる日数も少なくなってしまっていた。
正確には11月8日の時点でMiiverseのサービスが終了してしまった・・・。
それ以降はSSを撮るには直撮りでやる他なく、とてもじゃないが大量にSSを載せるような内容は書けなくなってしまう。

それまでには、G1攻略で止まっていた鏖魔は何としても完結させなくてはイケなかった。


少なくとも、好きだったモンスターを途中で投げ出したくはないという気持ちが大きかった。
前回に引き続き、最悪な相性だと分かっていても・・・途中まで触ったケジメをつけたかった。







超特殊とはいえ、暴走状態までは基本的にG1の個体と動きはあまり変わらない。
最大金冠確定のサイズに加え、各モーションが即死級にまで火力が上昇しているコトを除けばだが・・・


hukutsn1.jpg


火力面の問題で高級耳栓を用意出来なかった以上、暴走状態からの咆哮は全てイナシで対処するしかなかった。
臨戦回避を狩技に採用しているものの、斬れ味ゲージが白10しかない風化した狩猟笛で最大火力を維持するには、咆哮の為にあえて臨戦回避を温存するだけの余裕はなかった。


hukustn2.jpg


暴走状態移行後からは咆哮直後に確定で高精度の突進を繰り出してくるのはG1と変わらない。
問題はこの突進が今の装備の防御値820(南風の狩人の効果込み)では即死するコト、そして咆哮に被弾した時点で突進を回避するのはほぼ不可能だという点になる。


hukustn3.jpg


全力で横へダッシュしても超特殊のサイズだとギリギリ被弾しない程度にしか余裕がない。
一瞬でも遅れてしまえばダッシュしていても被弾する可能性すらある。
この瞬間は何度経験しても心臓に悪い・・・。


hukustn4.jpg


突進をやり過ごせた瞬間はほんの少しだけホッとする・・・。
突進後は長い硬直に入る鏖魔では、この瞬間は攻撃チャンスでもあるが何よりもアイテムを安全に使える数少ないチャンスになる。
咆哮後突進の後に更に咆哮後突進を重ねてくるパターンは、笛厨が知る限りでは存在しない。

咆哮後突進へ派生しやすいモーションは主にデンプシーの終わり際、折り返し突進とその派生後の角突き刺しの後になる。
何れも鏖魔との距離が離れやすいモーション―――そしてコチラがアイテムを使おうとして鏖魔から距離を取る程、次に咆哮が来るリスクは大きくなる。








鏖魔が狂暴走状態へ移行した。
狂暴走状態へ移行する咆哮はイナシでは捌けないが、この直後に突進が来るコトはない。


tyokyoboso.jpg



斬撃武器のTAならば既に討伐していてもおかしくないタイム、ガンナーのTAならば2頭は倒せているだろう15分針での到達・・・。
G5からは狂暴走状態へ突入する体力は50%を下回ってからになる。


つまり、これでようやく超特殊鏖魔の体力を半分削ったコトになる。


だが、それは良いニュースではない。
ココからは鏖魔の攻撃モーションはさらに激化する。
カウンター等の切り返し手段を持たない笛ではまともに攻撃を加えるコトが出来なくなってしまい、むしろ手数は減ってしまう。



超特殊に入ってからの新モーションは全部で三つ


一つは、突進後の角突き刺し


tyotkss.jpg


超特殊の狂暴走状態からは最大で3回まで派生するようになる。
また2回目の角突き刺しから角掘りへ派生するモーションも追加されるので、モーションは常に確認する必要がある。


tyoza-1.jpg


角掘りの攻撃判定は範囲が広く威力も大きいものの、左脚には判定がありません。
当たり判定はあくまで頭部分と尻尾のみになります。


tyoza-2.jpg


左脚に接触する位の距離であれば、このまま攻撃をやり過ごすコトは可能です。


tyoza-3.jpg


SSは納刀継続からの後方攻撃で左脚を攻撃している瞬間


tyoza-4.jpg


こんな感じで攻撃しつつやり過ごすは可能です。
・・・もっとも、位置取りをミスれば(特に頭に当たれば即死)大ダメージは避けられませんが・・・。





二つ目は、尻尾ビターンからの派生

暴走状態へ移行する前から多用してきた尻尾ビターンは狂暴走状態から更に体力を削るとモーションが派生する模様。
(十数回超特殊個体を観察しましたが、狂暴走後すぐに繰り出してくるコトはありませんでした)


tyobitan.jpg


尻尾ビターンからモーションが派生する場合は尻尾を戻すタイミングが通常よりも遅れます。
これが予備動作になりますが、パッと見だと差が小さすぎてよく分からないというね(´・ω・`)


tyoubitan2.jpg


ビターンから尻尾を戻すのが遅れた場合は、その場で回転尻尾を半回転分だけ行います。
ダメージこそ超特殊鏖魔であってもそれ程高くはありません(それでも820程度だと5割)が、前述の通り予備動作が小さいので見落とさないようにご注意を。




三つ目は、潜行からの派生


潜行した地点ですぐに長い土煙を上げた場合に、このモーションへ派生。
土煙を上げた地点から飛び出した直後、そのままデスロールへ繋げてくるようになる。

tyoarkr1.jpg


G4までのデスロールは尻尾側へ抜けてしまえば難なく避けれたが、最大金冠確定の超特殊個体ではそれでは間に合わないコトも・・・。
何よりも段差や溶岩、そして段差等で退路を塞がれがちな、控えめに言って糞マップの溶岩島なので、自由に動ける範囲が決して広いとは言い切れないのもまた事実


デスロールは最大で3回の当たり判定がある極めて危険なモーションですが、その分長い予備動作があるのがポイント
予備動作中は右ぶん回しを一発当てるだけの隙があります。


tyoarkr2.jpg


その後は判定が始まる前にイナシで攻撃を対処
イナシ後は何も操作をしない場合に限り、立ち上がるまでの間は無敵時間が持続します。


tyoarkr3.jpg
SSは1周目の尻尾の当たり判定をイナシた後、2周目の頭を判定が通過している画像。アナログスティックや攻撃or回避ボタンを押さなければそのまま無敵時間は持続する(操作した時点で無敵時間は消失する)。

自然に起き上がるのを待っていれば―――


tyoarkr4.jpg


こんな感じでイナシ後の無敵時間だけで対処は可能です。
赤ゲージを4割受けるコトになりますが、被弾すれば即死する点を考慮すればむしろ十分すぎる程ではなかろうかと。



超特殊になってから追加されたモーションはこれだけ―――だが、派生先が増えるというコトは予備動作をより集中して観察しておかないと死に直結する。



弱点を突けず長期戦を強いられる狩猟笛での戦い・・・

残りの体力がどれだけあるのかなんて知らない。
G1では辛うじて20分以内に抑えられたが、超特殊個体がどれだけ強化されているかだなんて分かるハズもなかった。


相手は銀嶺のように弱点を突けるワケでも、大雪主のように手数を出せるワケでもない。
目の前にいるのは、G1の時点ですら躓き―――挫折した鏖魔の超特殊個体・・・


ぶっちゃけてしまうと、G1の個体と戦った時点で狩猟笛での攻略は笛厨程度のPSでは無理だと思った・・・。

始めて対峙したとき、攻撃の糸口も見つけられず、ただ回避するコトすらもままならなかった。
生き残るコトすらも難しい、そんな相手を―――一体どうやって倒せばいいのか分からなかった。


コイツを倒す為だけに色々な装備を作り試してみた。

弱点を突けない相手で、どうやったら火力を出せるか・・・
たった一度のミスで即死するような相手に、どうやったら安定して戦えるか・・・
色々なスキルを試して、そのほとんどが失敗に終わった。

いくら笛厨がモンスター毎に装備を作るのが趣味とはいえ、ここまで専用装備を作った相手はまずいなかった。
単体のモンスターを倒すのに、ダメージシュミレータを使ったコトもまずなかった。

それだけ、コイツが笛厨にとっては異質な相手だったというコトなのかもしれない・・・。
それだけのコトをしても、結局は斬撃武器で与えられる火力の三分の一にも満たなかったのだから笑えてくる。


気がつけば、時計は既に30分を超え・・・40分を過ぎていた。


あと、どれだけ体力が残っているのだろう・・・?
回復は既に底をついた。

もう乙ってしまえば・・・体力を全快するコトすら出来なくなってしまっている。


咆哮に対しての反応が遅れてしまえば、その時点で乙が確定する。
そうすれば、狂暴走状態となった今では、被弾したのがどの攻撃であっても乙は避けられない・・・。

手汗で操作をミスるコトも多くなってきた。
その瞬間に被弾して瀕死にまでもっていかれた。

汗をどんなに拭いても、手汗が止まらない。


・・・こわかった。


この弱点を突けない怪物が、
イナシで減った体力では全てが即死に繋がる攻撃が・・・
どこまで攻撃しても弱った素振りすらみせないこのモンスターが―――



底の見えない戦いというモノは、こうも不安を駆り立てられるのか・・・。


こわい・・・


手数が更に減り、ブレイヴ状態を切らす頻度も多くなった。
回復を切らした今となっては、モドリ玉だけが最後の命綱だ・・・。

だがそれも、咆哮を重ねられたらそのまま即死に繋がってしまう。

ネコ飯のド根性は、既に無い。
モドリ玉で戻る直前に咆哮を重ねられ、そのままモロに被弾してしまった。

それが怖くて、もう迂闊に戻るコトすらも出来なくなっていた。
もう保険はない、二度目の幸運はもう起きない、逃げ場も・・・もうなくなった。


6割に減ってしまった体力で、攻めなければイケナイ・・・
蒸気突進ではなく、コチラのミスを誘っているのか咆哮後突進を頻繁に繰り出してくる鏖魔の猛攻を潜り抜けて、手数を増やさなくてはイケナイ・・・


この土壇場で、遂に心が折れてしまった・・・。


中盤までは出来ていた角掘りに後方攻撃を重ねるコトも、
デンプシーに後方攻撃を重ねる普段から当然のように行っていた立ち回りも今はもう出来なくなっていた・・・


もう、蒸気爆発の隙でしか怖くて、攻撃が出来ない―――







tyououma1.jpg


だから、このテロップが表示されたとき・・・何が起きたのか分からなかった。
乙ったのか、と思わず疑う位に動揺していた・・・。


tyououma8.jpg


倒した・・・のだ。

あの超特殊個体の鏖魔ディアブロスを・・・


圧倒的に相性が悪い狩猟笛で・・・ッ!?


tyououma9.jpg


・・・無理だと、思っていた。

G1の時点で苦戦していた鏖魔を、3乙すら頻繁にしていた相手に笛で勝てるとは思えなかった。
超特殊許可で記事を書いている中で、鏖魔だけG1の内容で書いていたのは・・・自分では勝てないと悟ったからだった・・・。

事実、G4の時点で―――狩猟笛では時間切れが頻発していた。
笛での攻略はその時点で笛厨のPSでは無理があった・・・。


このクエストは、仕方がないんだ。
武器の相性自体が悪い相手だから、倒せなくても仕方がないんだ―――と。


もう、ソロでの攻略は無理かもしれないと、何度諦めかけただろう・・・?

そこでフレさん達にお願いして、クリア出来ていたら・・・どんなに楽だったろう・・・?
楽しくチャットをしながら、そのまま何の気も無しに倒してしまえば、そんなに強くもなかったねwwwで終わってたかもしれない。


でも、それは―――笛厨自身が許せなかった。
少なくとも、好きだったディアブロスの二つ名でそれをするコトだけは、どうしても我慢できなかった。


tyououma10.jpg


だからコレが、G1の時点で挫折した笛厨のケジメなんだ。
地雷でしかない、その程度のPSしか無いヤツの、ちっぽけな意地で絞り出した・・・


tyououma.jpg
tyououma6.jpg


タイムは40'59"13でした。


初討伐とはいえ、鏖魔でこんなに遅いヤツは他にいないかもしれない・・・。
それこそ鼻で笑われるかもしれない、それでも自分は・・・自分が好きな笛で倒せたコト、それだけで十分だ。


tyououma3.jpg
tyououma4.jpg
tyououma2.jpg


装備とスタイルはコチラ

高級耳栓をつけた装備では、火力が圧倒的に足りなかった。
音撃震を使ったとしてもまず怯まない超特殊では、使用した時点が即死が約束された・・・。

だから、咆哮はイナシで対処する以外に方法がなかったのだ。
失敗した時点で即死する―――被弾して起き上がりに咆哮を重ねられた時点で乙が確定する恐怖の中で、倒すまで戦い続けなければイケナイ状況に自分を追い込まざるを得なかった・・・。


tyououma5.jpg


そんな感じで狩猟完了です。
お疲れ様でした!


tyououma7.jpg


鏖魔の防具合成と色彩設定が追加・・・
最悪の相性の相手をソロで突破できた、今はそれにホッとしている・・・。



人気ブログランキング


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント