心折耐久~【超特殊許可】紅兜狩猟依頼

残り時間あと5分です


kyoyutimeup.jpg


このテロップを何度目にしたコトだろうか・・・?


kyoyu0.png



そして、何度絶望したコトだろう―――?




弱点を突くコトが敵わない対紅兜
比較的柔らかい頭は攻撃する機会が乏しく、超特殊許可の仕様により体力を倍以上に盛られている。
隙の少なさ故に手数を増やすコトすらも難しく、スタン値や怯み耐性値まで倍にされている以上スタンや怯み前提のゴリ押しは通用しない。


akakabuto0.jpg


【超特殊許可】紅兜狩猟依頼


打撃武器である狩猟笛とは、特に相性が悪い二つ名個体のうちの一頭になる。
正攻法では―――笛厨程度のPSではまともに戦っても勝ち目はなかった・・・。


罠も使えず、閃光玉も逆効果となる状況では小細工を弄するにも限りがあった。
属性の通りが特別良いワケでもなく、物理肉質に至っては青ゲージならば辛うじて弾かれない程度でしかない。



だからこそ―――気がついたのかもしれない。



紅兜の状態異常に対する耐性値だけは異常に低く、超特殊個体であってもその弱点は補強されないコトに
ぶっちゃけてしまうと、体力を異常に嵩増しされた紅兜の超耐久を、ソロで削り切るにはもう状態異常に頼る他なかったのだ・・・。




kyoyuensou.jpg


開幕で自己強化と聴覚保護&風圧無効を吹いた後、鬼人薬Gと怪力の種を飲み込んだ。
旋律の都合上、攻撃力を強化するコトは出来ないが咆哮と風圧を纏うモーションを多用する紅兜ならばこの笛はかなり相性が良かった。


mrbrarst.jpg


ミラバルカンアリスト―――高い爆破属性と空きスロット3つによる拡張性に優れた笛だ。
序盤であればネコの火薬術発動込みでたった一度の爆破判定で紅兜を爆破状態にしてしまえる。
一発分のダメージはそれ程大きくはないものの、旋律によるプレイの自由度の高さとDPSを考慮すれば下手に攻撃旋律を吹ける笛にするよりも勝率は高くなる。

・・・とまあ、色々とごちゃごちゃ書いてますが、ぶっちゃけてしまうと耳栓と風圧無効がないとどうやっても手数が足りなかっただけなんですコレが(´・ω・`)

超会心仕様の隻眼笛でG3の紅兜一頭に30ラスタってお前・・・みたいな?
むしろ超会心仕様のアカム笛でG2攻略に40ラスタってお前ェ・・・的な?


いくら机上の期待値が高かったとしても、それで手数が出なくちゃあダメでしょうよ(´・ω・`)






上位以前までは一発毎に凄まじいホーミング性能を有していたデンプシーですが、G級に入ってからはこのホーミング性能は随分と緩和されています。

具体的にはデンプシーの一発目に右ぶん回しで尻を引っぱたいても二発目でカウンターを貰わない程度にまで緩和されています。


kyoyurnzk1.jpg


イメージとしては、こんな感じ
デンプシーの一発目の予備動作の時点で右脚まで近づいたら、そのまま右ぶん回しを一発


kyoyurnzk2.jpg


ぷるるぅ~ん♪
へへ、みっちり締まった肉付きの良い尻(打撃肉質34)してんじゃないの(スケベじじいか

・・・むしろこの微妙でしかない肉質34の尻をストーカーしないとイケナイとかマジ・・・(´;ω;`)ブワッ




kuma-1.png


擬人化したのがこっちのクマーだったら、むしろ喜んでやりますけどね?
我夜戦に突入す、的な感じで(;゚∀゚)=3ハァハァ

(ヘンタイか)


kyoyuakakabuto.png


でも笛ちゃんの中では擬人化したら逆にこっちが出てきそうだからやっぱり苦行でしかねーや。
雄のケツ引っぱたくとか、そんな大それた趣味は持ち合わせておりませんです、ハイ(´・ω・`)

(元ネタじゃねーか!?)


kyoyurnzk3.jpg


こんな感じで上手く尻を引っぱたける位置取りならば、二発目のデンプシーまではそのままやり過ごせます。
もっとも、この直後の3発目でクマさん☆ハグに派生したらマジ全力でフレーム回避しねーと即死もんですがね(´・ω・`)



そんで問題のクマさん☆ハグがコチラ(o・ω・)ノトン


kyoyukmsnhg.jpg
(深い愛をもって・・・尻の痛みを―――受け入れればいいんだ・・・もう何も怖くない!)

その場で静止しながら諸手を上げて、


kyoyukmsnhg2.jpg

クマさん☆ハグ!

一瞬でかなりの距離を詰めてくる上に超特殊ではほぼ即死
幸い、上位以前の終わり際にまであった判定は腕をクロスした時点で消失するように改善されたものの、避けにくいコトには変わらない。
当たり判定そのものは腕にしかないので、モーションの予備動作の時点で懐(尻側)に潜り込んでやり過ごすか思いっきり距離を取るかしないと全身の骨という骨を深い愛でもってバッキバキに圧し折られるでしょうね:(´◦ω◦`):gkbr






さて、上位の頃からは若干の弱体化(それでも問題の肉質は据え置きに加え火力も上がってるのでむしろ狩猟依頼10の頃なんかよりも難易度めちゃくちゃ上がってますがね・・・)が目立つ赤カブトですが、二つ名の例に漏れず必殺技なる新モーションを習得しています。


kyoyubakr1.jpg
(ワシの右爪が光って唸る―――首を落とせと、轟き叫ぶ―――!)

左右へ大きく旋回する際に、右肢を掲げていたら確定で繰り出してきます。
右の時計回りで旋回してくる場合は確定でこの必殺技へ派生、
左の反時計回りで旋回してくる場合は旋回する角度が若干緩やかで右肢を掲げていなければスライディングに派生します。

まあ、旋回する時の予備動作の時点で分かりやすいので右肢に注視すれば問題ないかと(´・ω・`)


kyoyubakr2.jpg

ふぁああああぼおおおお!唸れ必殺―――、ベアクロー!

こんな感じで、風圧【大】を纏った薙ぎ払いを一閃
いうまでもなく怒り時で被弾しようものなら、次の瞬間には地面ソムリエに永久就職するコトになります(´・ω・`)


kyoyubakr3.jpg


この直後は赤カブトは攻撃の反動で転倒するので、左後ろ脚へ柄斬りを一発


kyoyubakr4.jpg


そのまま間髪入れずに尻へ右ぶん回しを一発、


kyoyubakr5.jpg


起き上がる直前にスタンプを叩き込めば、そのまま尻に吸われてくれます。

むしろここが唯一の安全に攻撃が出来るチャンスになるというね(´・ω・`)
だからこそ、風圧無効が必須になってくるというワケなんですよ。

そして、音撃震を安全に当てられる機会は非怒り時のヒッププレスを除けばココだけになります。


kyoyubakr6.jpg


音撃震を当てる場合はベアクローの当たり判定ギリギリで待機しておき、


kyoyubakr7.jpg


転倒したのを見計らって、右尻から音撃震を発動―――


kyoyubakr8.jpg


喰らえ、笛厨奥義―――、音撃震Ⅱ―――ッ!!

右尻側から攻撃を当てるコトで、その後の軸合わせ時には右脚の尻側へズレるので直後の攻撃モーションがデンプシーであったとしてもそのままやり過ごせます。






即死に繋がるモーションがかなり多い赤カブトですが、もっとも被弾してはイケナイモーションがガゼルパンチになります。


kyoyuapp1.jpg


低い姿勢で下半身に力を溜め、


kyoyuapp2.jpg


伸び上がる時の勢いを付けながら上空へフックを叩きつけます。

お前・・・その体格なら真柴みたいなチョッピングライトを習得した方が良かったんじゃ・・・((´・ω・`;))
(そいつコレ以上強くなったらまぁじで勝てなくなるだろいい加減にしろ)


kyoyuapp3.jpg


余談ですが、ガゼルパンチの当たり判定は尻の真下から発生しております(´・ω・`)
早い話が赤カブトが比較的尻側がお留守だからといって調子に乗ってお尻を引っぱたいてたら「止めてくださいよ青木さん!ヽ(`ω´*)ノ彡☆」的な流れでテンプルに思いっくそ勢いを付けたガゼルパンチを貰いかねないというね(´・ω・`)


kyoyuapp4.jpg


今までは右脚側がほぼ安全でしたが、この時ばかりは右脚側は危険が危ないので左脚側からスタンプを一発叩き込むのが安定かと。
密着していれば脚側からスタンプを叩き込んでもスタンプ部分は尻に吸われますゆえ。


ちなみに、予備動作の時点で左脚へ柄斬りを一発、その後にスタンプを一発という連携も使っていたのですが、ガゼルパンチを二連続で繰り出してくるパターンが来たらスタンプの硬直キャンセルの前転回避の終わり際に絶妙に攻撃を重ねられて即死したのでオススメは出来ません(´・ω・`)



kyoyuhpatk1.jpg


ヒップアタックは避けてしまえば数少ない頭を攻撃出来るチャンスに繋げられます。
位置取りが良ければ、そこから右ぶん回しを一発、


kyoyuhpatk2.jpg


続けてスタンプが起き上がり時にギリギリ頭を吸われてくれます。
(この立ち回りだと起き上がり時に微ダメ(1割)を受けてしまいますが・・・)


kyoyu1.png


そんなこんなでトサカ部位破壊だクマー!
伊達にしてやったず☆











弱点を突くコトが出来ない打撃武器では、手数を出せない狩猟笛では赤カブトを倒すのは容易ではなかった。
それでも手数を増やす為に、火力を補う為に・・・このミラバルカンアリストを担いだ。

前半ならば少ない手数でも爆破のダメージは十分に期待できる。
手数が足りなかったとしても、状態異常値が唯一減衰しない爆破属性ならば―――


旋律も足りないPSを補うには十分すぎた。
耳栓と風圧無効のおかげで風圧や咆哮による硬直を気にせずに戦いに集中できる点は何よりも大きかった。


快適に戦えるかどうか―――という点で言えば、全武器で見ても狩猟笛は紅兜との相性は良いのかもしれない・・・。
問題は笛ソロでは弱点を突くコトが出来ない、その肉質が誇る超耐久を削り切れるかどうかだった。


頭の部位破壊は既に完了したが、G4を含めた笛での練習ではこの頭破壊を尻狙いで達成したコトはなかった。
今回はとにかく手数を出す為に、手数が減ってしまう頭狙いを控え、スタンを取るという欲も捨てて、一心不乱に尻を叩いてきた。

どれだけ体力を削れたのかは・・・分からない。
ただ、時間だけが笛厨を嘲笑うかのように過ぎ去っていく。


30分が過ぎ、40分が経過し―――遂に、残り5分のテロップが表示された。


kyoyutimeup.jpg


この紅兜戦で何度も目にした時間切れという名の死刑宣告―――


これ以上の火力はもう、笛厨には用意出来ない・・・。
かつての大雪主のように、スキルと火力を補うコトは―――もう、出来なかった。

この装備で倒しきる以外に、道はないのだ・・・。



かつて、何度も大雪主を相手に時間切れをして・・・何度も何度も挑戦した末にようやくクリアした時のコトを思い出した。
試行錯誤の末に、何とかギリギリでクリアしたそのすぐ後で、フレさんがPTで大雪主を攻略して「超っても大雪主は紅兜と比べれば楽」という言葉に愕然としたのを覚えている・・・。


だから、この挑戦で苦戦の末にクリアした大雪主よりも紅兜は楽だと言って、見返してやろうと思っていた。



けれど、実際にはG5の時点で躓いた笛厨が其処にいた・・・。
笛でのソロプレイでは、自分程度のPSではソロでの攻略は出来なかった。

そして、使い慣れてもいないブレイヴ太刀で、すんなりと倒せてしまったコトに愕然としてしまった。
使い慣れていたハズの笛よりも、専門的な知識すら持ち合わせていないゴリ押し同然で勝ててしまった事実が受け入れられなかった・・・。


このまま狩猟笛ではなく、太刀で攻略してしまってもいいかもしれない・・・。
別に、ブログでは笛メインでの狩猟を書いているのであって笛縛りをやっているワケではないのだから。


何度、魔が指しただろう・・・。



それでも、どうしてか・・・笛での超特殊攻略を諦めきれない笛厨がいた。


WVW69ktyzFAmf2LDjX.jpg


時間切れをする度に、三乙による失敗を重ねる度に、悔しさは募っていった。
この時点で既に―――挑戦した回数は大雪主を超え、銀嶺こそは超えないまでも荒鉤爪を大きく超えていた。


もうクリアした所で、大雪主よりも楽だとは口が裂けても言えない・・・。


けれど、笛での超特殊攻略を公言したワケでもないが・・・意地だけは通したかった。

Miiverseが使用できる期間もあと僅かになってしまっている・・・。
それが過ぎれば直撮りで画像を取る必要が出てきてしまう。

そうなってしまえば、とてもじゃないが今のようなSSを沢山載せた記事なんて書けなくなる。
だから、紅兜は今のうちにやるしかなかったのだ。



残り5分の時点で放った音撃震でも、赤カブトは倒れない。
何度も挑戦した感覚で、音撃震は一発でも外した時点で時間切れは避けられないコトは分かっていた。

ここまでで、音撃震を一度も外してはいない挑戦は今回だけだ。
だから、この残り5分での音撃震を当てれば倒せると思った・・・思いたかった。


残り時間は―――4分を切った。


音撃震を溜めるには4分では足りない・・・。
仮に溜まったとしても、その直後に隙の大きいベアクローが来る可能性は・・・限りなく低い。


音撃震にはもう・・・頼れなくなった。


残されたのは―――自分のPSだけ・・・。


今回使っているスタイルはストライカー
かつて自分が笛を始めるきっかけとなった、P2Gでの操作に一番近いスタイル―――というコトになっている。


だが、実際にはそれは大きな間違いだ。


確かに操作自体は似ているが、細部は大きく異なる。

アナログスティックを左へ傾けながらAボタンを押すコトで派生した、左ぶん回しの操作はストライカーでは使えない。
演奏開始から各ボタンを押すコトで発生した後方攻撃や左右演奏攻撃へ移る攻撃パターンも存在しない。

この二つの操作はかつて、攻略サイトにも攻略本にも載っていなかったものを笛厨が独自で見つけて立ち回りに組み込んで、自分の技術にしていったモノだった。


ストライカーが出た時点で胸が踊ったものの、蓋を開けた時の余りの弱体化に思わず愕然としたのを覚えている。
柄斬りからの右ぶん回しやスタンプへの派生も一段と遅くなり、ふっ飛ばし効果のあるスタンプを使わなければ旋律すら揃えられない程に改悪されたストライカーは、とてもじゃないが使う気にはなれなかった。


けれど、ソロでの狩猟に関して言えば、赤カブトを相手にするのならば、後方攻撃を使うメリットが薄い分ストライカーが輝くのでは?と期待もしていた。


ソロでなくては出来ない、スタンプを多用する立ち回りはPTではとてもじゃないが使えない。
本来よりも出来るコトが少なくなってしまったストライカー笛で唯一出来た、音撃震はもう活かせない。


やるコトが無くなってしまった今唯一できたコトは、今までに培ってきた立ち回りで攻撃チャンスを掴むコトだけ・・・

紅兜から距離を取り、ベアクローを誘発する。
距離を離した際に高確率で繰り出してくるのは、クマさん☆ハグかベアクローになる。
距離が思いっきり離してしまえば、クマさん☆ハグへ派生する可能性はかなり低くなる。

デンプシーにちまちま攻撃を当てていくのでは、集中力が切れてきて回復すら底をついた今となってはリスクが大きすぎる割に見返りが少ない。


ならば、いっそ・・・



狙い通り、赤カブトが鎌首を擡げて突っ込んできた。
3本の首切り鎌が目の前を空を切り、勢いに耐え切れず転倒した。


今しかない・・・!

流れるように柄斬り、右ぶん回し、スタンプを繋げていく。


この連携は、かつてグラビモス亜種を毒漬けで倒す時に習得した。
正攻法の腹への水攻めは、物理肉質が酷い上にガス噴出を多用する当時のグラビモス相手では離脱が難しく、被弾を余儀なくされていた。
反面、毒による状態異常ならばダメージの通りは関係なしに効率よくダメージを与えられる。
ガンナーであれば楽に倒せるグラビモスを、当時の笛で倒すには毒殺しか方法はなかった・・・。

柄斬りをほぼ使わなくなってしまった今となっては、懐かしいかつての産物

それを、今になって再び使うコトになるとは―――


kyoyu4.png


リア獣・・・爆発したろぉ―――ッ!(´;Д;`)モウヤラァ


kyoyu5.png
kyoyu9.png


タイムは46'46"55でした。
もうやだこの糞耐久・・・(´;ω;`)ブワッ


kyoyu7.png
kyoyu8.png


装備の詳細はこんな感じ

ストライカースタイルの火力盛り
最初は斬れ味+1でも業物があれば―――とか思っていましたが、右ぶん回し主体になりがちなストライカーだととてもじゃないけど斬れ味維持は無理でした(´・ω・`)


kyoyu6.png


そんな感じで狩猟完了です。
お疲れ様でした!


ロニキ~大雪主よりも紅兜の方がら、ら、らららららk・・・楽、だった・・・じぇえ~(震え声)


(クソ地雷のくせして無理すんな)


kyoyu10.png


紅兜の防具合成と色彩設定が追加!
もう・・・もう二度とソロではやらんからなあ!?・゚・(/□ \)・゚・ピイィ



人気ブログランキング


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント