カウンター「8000」突破!~スランプの経過

モンスターの頭に攻撃が当てられなくなってから3週間も経っていた。

ティガの頭を狙っていたつもりでも右爪に当たり部位破壊してしまった。
本来ならば・・・笛厨が取っている立ち回りからすれば、それはありえないコトだった。

判定の薄い左爪前を定位置に時計回りに移動する笛厨が多用する立ち回りでは、狙いが逸れて左爪を部位破壊するコトはあっても右腕に攻撃が吸われる事態は本来起こりえないハズだ。


それは、根本的に自分の立ち回りが狂ってしまったコトを意味していた。


・・・元々、被弾が少ないワケではない。
メチャクチャな立ち回りであるコトは自覚しているし、何よりも自分には地雷同然のPSしかない。

それでも分かる位に、今の自分の立ち回りは普段のソレよりも酷くなってしまっていた。
野良でも蹴られる率は増え、被弾率が増え乙を重ねているうちにクエスト失敗が目立つようになっていた。


何よりも

「乙っても笛は置物(攻撃大を吹くだけの存在)として優秀ですから、ガンナーだとスゴくありがたいです^^」

と、フレさんに言われたのが、置物としか見られていなかったのが、想像以上にキツかったのかもしれない。



・・・。



そんなワケで精神的に凹んだ為、暫くモンハン自体から目を背けていた。
だが、それではイケナイのではないか?とは思いはしていた。





少なくとも、一応はモンハンのプレイ日記的なブログを立ち上げている以上は全くモンハンに触れないのはダメだろと思った。
脱線するにしても、ブログを見てくださっている方はあくまでモンハンのブログとして見に来ているのだ。
脱線したモノを見に来ているワケでは断じてない。


だが、獰猛相手では乙がどうしても解消できず、失敗を重ねる日々が変わらず続いていた。
立ち回りが狂ったコトによる攻撃精度の低下、被弾率の増加によってモチベーションの維持まで難しくなっていた。
全ての笛をまだ最終強化していないし、超特殊の相手はまだまだ残っているのでやるコトはあるものの、目標が遠すぎてイマイチやる気に繋がらない・・・。

再起するには、新しい目標が必要だった。

獰猛化から乙を無くすのでは、自身としても実感が湧かずズルズルと引き摺ってしまう未来が見えた。
別の超特殊相手は、笛厨には異次元すぎて今の状態ではクリア出来る未来も見えない。
何よりも立ち回りが狂っている以上、今までのような立ち回りを要求されるモンスターでは厳しいモノがある。

それなりに新鮮味があり、裸ソロ旋律縛りなんかの「クリアそのものが絶望的」になるような難易度でもなく、それなりに達成感の大きい―――そんな目標が、今の心が折れた自分には必要だった。



漠然と過去ログを漁った所で、それは出てきた。

笛バトン@ミラボレアス

以前、辛うじて「ミラボレアス」コト黒龍は突破したのだが、実はバルカンの方でした~wwwとかなんとか言っていた気がする・・・(´・ω・`)


brykk4.jpg


今の狂いきった立ち回りで・・・地雷如きのPSで突破できるかは分からない・・・。


でも、やらないコトにはもう次には進めないという確信があった。
笛厨としての自信が無くなり、モンハンに触れるモチベすらも低下していただけに、それにクリア出来るかが再起に大きく左右されるのだろうと・・・。


要求される立ち回りが他のモンスターとかなり異なる為、スランプに陥っている今でも何とか動けるのではないかという期待があった。スタン値がオミットされている為頭に当ててもスタン蓄積のエフェクトが出ない点も、頭に攻撃を当てられなくなってしまった今の自分にはそれが見えない分、却って都合が良い。



ともあれ、コレで相手は決まった。



紅龍ミラバルカン―――再起戦として、コレ以上の相手は居ない。
問題は火力が他の竜属性の笛よりも劣る「赫醒笛エディウス」で、果たして倒しきれるか?になるのだが・・・。






そして、本日を持ちましてカウンターが「8000」を突破致しました!
ホントにありがとうございます!

WVW69jS0hbImZpwpc5.jpg

この「8000」というカウンター数には、初めてお越しになられた方はもちろんのコト、何度も足を運んでくださった皆様のご厚意があったからこそ到達できたのだと感じております。


最近はスランプに陥ってしまいモンハンに関しての記事を書けてはおりませんが、少しずつモンハンへの再起を目指していくつもりです。
色々とぶっちゃけたり脱線したりと実にやりたい放題している弊ブログですが、それでも遊びに来られた方が少しでも「フフーフ」となっていただけたら幸いです。


それでは、今後とも笛厨ならびに弊ブログをどうぞよろしくお願い致します!



人気ブログランキング












~次回予告~


brykk.jpg


錆びたPS、狂った感性・・・
笛厨はボロボロののままで、戦場に立つ。


brykk1.jpg


対するは運命を解き放つ者」を冠する、紅龍ミラボレアス
戦いからは逃げられない、その背中を押すのは自棄か?それとも―――


brkn.jpg


次回、「再起の行方~終末の時」―――coming soon…


brykk6.jpg


結末に進むのは再起(ハジマリ)か、それとも終末(オワリ)か―――?


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント