近況報告~HR開放前のG級装備

色々と試行錯誤を繰り返して、HR12になりました。

SSに関しては、斜めに傾けて撮った写真を編集して元の角度に戻して上げてます。
とりあえずモアレは目立たないようなので、暫くはコレで画像を晒していこうかな?と思います。



基本ソロでやっていると、1口15分強はかかるからね(´・ω・`)
相性とか乱入とかでグダったりすると40分以上やってたりするからね、仕方ないね。


g301.jpg

緊急バルファルクは、こんな感じの死闘でした(´・ω・`)

待てwちょっと待ってくれwww
いつからモンハンは、動物(ゾオン)系悪魔の実を食べた兵器を出すようになったんだい?


g302.jpg

緊急クリア時の装備はこんな感じ

攻撃力UP【大】、龍属性攻撃強化+1、破壊王、飛行酒場の心


龍属性はバルファルクには効きませんが、重撃珠を使って破壊王を付けている都合で達人のスキルポイントが下がってしまうのでまぁ、無いよりはマシかな?という感じで付けてました。ぶっちゃけてしまうと、この時点で属性を抜きにしても最も期待値が高かった笛がエターナルオルゲールだったという罠(´・ω・`)

新スキル「飛行酒場の心」は、KO術&笛吹き名人が発動する5スロスキルになります。
既存の5スロスキル「笛吹き名人」のいわば、完全な上位互換。
KO術は今までネコ飯で発動させていましたが、今回からはこのスキルのおかげでネコ飯もある程度自由に選べられるようになったのが嬉しいです。

・・・。

・・・・・・。


ちなみに斉天ノ衣・真は本来ならばG4に上がらないと狩猟出来ないラージャンの防具ですが、オンラインに入って寄生とかはしてません(´・ω・`)


繰り返します、寄生なんてしてません。
コレホント、笛厨ウソつかない。


雪山と火山クエには時折G級ラージャンが乱入してくるので、「ネコのかかってこい!」で誘き寄せて2体程返り討ちにして作りました。

G2、G3の追加モーションが軒並みエグ過ぎたせいか、4Gのまま戻ってきたラージャンがとても楽に思えました。
といっても、極限仕様で戻ってこられたら流石にチェンジ願いますがね(´・ω・`)


さて現状ですが、ギルド笛では少々厳しいモノを感じてしまったのでブレイヴ運用に切り替えてます(´・ω・`)

狩猟笛のブレイヴ運用は、以前の記事では難しいと言ったものの、持続性のある咆哮やフレーム回避ではどうしようもない広範囲に判定のあるモーションに対応できるのはやはり大きいな、と使っていて感じました。

また後方攻撃を単発で出す場合だと、納刀キャンセルを挟む都合上どうしても1テンポ遅れてしまうので難がありましたが、チャンス時には後方攻撃を半永久的に出せるようになるのでチャンスさえ作るコトが出来ればリターンは大きいスタイルかな、と。


というかG級に入ってからは、防御力が心許ない状態でフレーム回避ではどうしようもない判定の攻撃を繰り出される場合が非常に多いのでぶっちゃけギルドスタイルではW絶対回避を付けても捌ききれませんでした・・・。


4Gでも露骨な隙潰しが組み込まれたG級モーションが追加されましたが、今作ではブシドースタイル等の攻撃判定をキャンセルできるスタイルがある都合上、更に強化されている模様。
1つのモーションに2つの攻撃判定があったり、フェイントを交えた2段重ねの攻撃を多く追加されていたりと、いずれも一筋縄ではイカナイモノばかり・・・。


攻略過程ではどう足掻いても武器を最終強化できない仕様になっている今作では、火力を上げるにも限界があるので火力面でも防御面でもソロで楽するにはかなりキツイモノがあります。

そんなワケで今回は、いつまでも更新サボってるワケにもイカナイので現時点で使用している装備を紹介していこうかと思います。


まぁ、HR開放したらグギギ・・・とかいう擬音みたいな優秀なテンプレがあるみたいなので、既に開放した方にとってみれば参考にならないのでしょうがね(´・ω・`)




笛装備~汎用破壊王



g400.jpg
g401.jpg
g402.jpg

G級に入って最初に作成した装備の完成版。

攻略段階だとどうしても素材が不足しがちなので、部位破壊がしやすい破壊王を採用しました。
今作では、部位破壊するコトで肉質が軟化するグラビモスや行動パターンに隙ができるようになるベリオロス等が多いので、弱点だけを狙うよりもまず部位破壊から入った方がより有利に立ち回れるようになります。

マッカォXフォールドがスキルポイントに加えて見た目も良かったので使ってみようと思ったのが、今回の装備のきっかけ
今までは破壊王をつけようとしたら、ドボル装備を入れないとスキルの自由度が制限されて厳しいモノがありましたからね~。

斉天ノ衣とガムート腕が思いの外マッチしたのは、嬉しい誤算。
同じ雪山に出現するモンスター同士、装備の相性も良いのでしょうか?
まぁ、実際に対峙したらコテンパンにのされるのはラー公の方だと思いますがね(´・ω・`)


使用した装飾品はコチラ

空宴珠×5、攻撃珠【1】×1、重撃珠【1】×2、斬鉄珠【1】×2
龍の護石「風圧+3、攻撃+10(スロット2)」

発動スキルは

攻撃力UP【大】、業物、破壊王、飛行酒場の心

となります。


飛行酒場の心は5スロスキルなので、装飾品さえ変えてしまえば他武器用に置き換えが効くのもポイント。
業物が要らないのであれば、頭装備をピアスに変えれば別のスキルも付けられるので自由度はそれなりにあるのかな、と。



弓装備~対ラオ仕様



g404.jpg
g406.jpg
g407.jpg

G3緊急となるラオシャンロンを討伐する為だけに作成した弓装備。

ホロロXレジストの見た目がかなり好みだったので、G2までで作れる装備で火力を盛れるだけ盛ってみました。
復活した関係で弱点部位が不透明だったので採用した弱点特効ですが、どうやら首の付け根から胸にかけての身体の中心部と口内のみが近接武器も含めた弱点部位の模様。


・・・。

・・・・・・。


・・・あの、P2Gの頃から思ってたんですが―――

近接でどうやって体内を殴れというんや・・・(´;ω;`)ムリィ

ちなみに私のPSでは、ブシドー運用で討伐するには火力がギリ足りませんでした。
ブレイヴ弓の剛連射を組み込んでようやく討伐という相変わらずの体力お化けっぷり・・・(´・ω・`)

いや、そもそも弱点を晒していない辺り近接で行くコトを想定してないとしか思えないんだよなぁ・・・(白目)


使用した装飾品はコチラ

変射珠×5、痛撃珠【1】×3、貫通珠【1】×1、貫通珠【3】×1
龍の護石「痛撃+5、連射-2(スロット3)」

発動スキルは

龍属性攻撃強化+1、貫通弾・貫通矢UP、特定射撃強化、弱点特効

となります。


g405.jpg

後ろからの見た目はこんな感じ。
自己主張の激しいカラーだけど、ホロロ胴は素晴らしいと思うのですよ。

武器さえ強化出来ればソロでも余裕を以ってラオを討伐できるようになるハズ、
G級モーションが追加された上に糞肉質になっているであろうあんのスネ夫を狩れればな!(´;ω;`)ブワッ


立ち回りに関しては、G級モーションへの対策をブレイヴ運用も含めて調整している段階のだらしねぇ有様なので、お見せ出来ないのが現状です(´・ω・`)

とりあえずは10分台で狩れる火力が欲しいので、それについて書くにしてもHR開放しなきゃ始まらないんだろうなぁ・・・(遠い目)
バルファルクとか新モーションについて書きたいのはもちろんあるんですけどね~。

こんな感じでG級を進めているので、立ち回りが煮詰まったらそのうち紹介していきたいな、と思います。

それでは今日の装備紹介はこの辺で

ご視聴いただきありがとうございました~ノシ


人気ブログランキング


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント