カウンター「4000」突破!~MHXを振り返って

先日をもちまして、カウンターが「4000」を突破致しました!
ホントにありがとうございます!


WVW69jS0hbImZpwpc5.jpg


これも一重に弊ブログまでお越しいただいている皆様のおかげであり、皆様のご厚意が形となったとても大切な数字なのだと自覚しております。

そして閲覧者数「3000」を突破しても何も出来なかったコトを、しなかったコトを、深くお詫び申し上げます。
不肖笛厨、勝手な都合で記事の更新が滞らせたコトに関してましても、深く反省をしております・・・。
大変申し訳ありませんでした!




さて私事ですが、弊ブログを開設してから早9ヶ月、実に色々なコトがございました。

プライベートと業務でのトラブルが重なってしまい、そしてブログ上でもやらかしてしまい、ブログを一時休止せざるを得ない事態を引き起こしてしまいました。
皆様には、大変なご迷惑とご心配(されているのか?)をおかけして大変心苦しい気持ちがあります。

誠に勝手ながら、いっそブログを閉鎖して消えてしまおうかと思っていた時期がございました・・・。
自分にとっても余裕がなく、そしてそれ以上に自責の念から自分のような人間が物事を自由に楽しんでいて良いのだろうか?という不安を常に抱いておりました。

私のやってしまったコト、人の心を傷つけてしまったコトは、決して許されないコトだと痛感しております。

けれども、それで全てを「なかったコトにして逃げてしまう」のはきっと筋違いです。
消えるように逃げるだけならば、誰にだってできます。
反抗期を迎えた少年少女が、親に反発して家出をするコトと何ら変わりません。
それこそ、親に叱られて癇癪を起して隣町まで歩いて家出をしたおバカな4歳児と同じでしょう。
そしてそんなコトをやった所で、実際には物事が進展するハズもなく、時間が過ぎて却って収拾がつきにくくなる(叱られる時間が長くなる)だけで何も意味はありません。


消えるコトでの謝罪は、実質甘えでしかないのでしょう。
ケジメも責任も感じられない、保身だけを考えた身勝手な「逃げ」

社会人として、そんなだらしねぇ行いだけは、決してやってはイケナイのだと思います。


・・・とはいっても私自身、心の整理が未だに着いていないのか?
どうにも発作のような症状が出てしまうので、ケジメをつけるにも時間が必要なのかもしれませんが…。

まあ、そんな生温い戯言をほざいていられるような身分ではありませんがね(´・ω・`)キィシバレヤks

今後はこのようなコトが決して起こらないように、気を引き締めて務めて参りたいと思っております。







私自身がブログ開設に至った発端は、「ハードが破損してしまい従来のようにモンハンというゲームをプレイが出来なくなってしまったので元のフレさんにモンハンを継続して楽しんでいるコトを一人でも多く知ってもらう為」でした。


ぶっちゃけてしまうと、新規で見ていただく方のコトはあまり考えていなかったという自覚があります。
少しずつ、元のフレさんに自分のブログを探してもらえるように、ワードを入れて「コレってアイツか!」と気がついてもらえるような内容を書いて参りました。


今は3DSを起動していないかつてのフレさんと、もう一度遊びたい。


その為だけに、作ったのが弊ブログ「北風のモンハン狩猟記」になります。





ですが、最近は少し―――ブログに対しての意識が変わって参りました。


かつてのフレさんとは違う、今まで面識のなかった方との交流がありました。

色々とおっかなびっくり記事を書いていた当初、実際に内容を読んでもらえるのか不安な気持ちでいっぱいでした。
ただでさえ、ブログ名を決めた段階でランキングトップの方と名前が被ってしまったので「真っ二つにされちゃう!?」と、見つかったらチビる自信さえあったので、面識のなかった方からコメントをいただくという認識が全くなかったのです。

よくよく考えれば、かつてのフレさんがこのブログを見つけてくれる確率の方が圧倒的に低いので、初対面の方が足を運んでくださっても何ら不思議はないですがね(´・ω・`)


それからというもの、私にとっての弊ブログは―――かつてのフレさんに自分が「今でも元気にやってるよ」と知らせる為だけのモノではなく、新しく足を運んでくださる―――初対面の方でも「フフーフ」と楽しんでいただけるような記事にしていこう。というモノへと変わってきました。

笛をメインに使っている個人として、

どういう風にモンスターを見ているか?
どんなコトを考えて、プレイをしているのか?

を挙げて、お越しいただいた方が少しでも「為になる」ような、「ほう。」と言ってもらえるような内容を書いていこう。と思うきっかけとなったのが、最初にコメントをいただいた時でした。


MHXX発売のおかげもあってか?
本来の目的だった、かつてのフレさんと再びお会いする機会にも恵まれました。
まだ全員とはお会いできてはおりませんが、それでもブログを開設してよかった。と心から思っております。


なにぶん拙い内容で、立ち回りも整理がついていない状態のモノも多くありますが、これからも「フフーフ」と楽しんでいただけるような内容をお届けしていきたいと考えております。







ついに、MHXXの発売も明日にまで迫って参りました。
おそらくは皆様方に置かれましても、最後となるであろうMHXでのプレイを楽しまれているコトと思われます。

フレさんとの再会を約束して、新天地へと向かう為の「狩り収め」をしたり、

勲章を全て集める為に、クエストを「周回」したり、

MHXXまでのケジメとして、難解クエストに「挑戦」したり、

またはMHXでのプレイを振り返って、次回作MHXXでの目標を「整理」したり、


プレイヤーによって内容は大いに異なるとは思いますが、いずれにしてもMHXXへ向けて思い残すコトがないように、今という時間を全力で楽しまれているコトだと思います。



さて、ココで一つ大事な確認をしなくてはなりません。

それは、SDカードに保存されるセーブデータの仕様について。


image.jpg

■ ご注意 ■
『モンスターハンターダブルクロス』の
追加データ(セーブデータ)を削除した場合、
特別体験版と製品版の、両方の追加データが削除されます。


image2.jpg
図解:月隠のオトモアイルー様


詳しくは下記URLのMHXXHPをご参照ください。
http://game.capcom.com/manual/MHXX/pre/save

ぶっちゃけてしまうと、一度製品版をプレイした後で特別体験版のセーブデータを消すと製品版のセーブデータも消えてしまいます。


MHXXをプレイする前に、

特別体験版のプレイデータを持っているコトで貰える少しばかりのアイテムを取るか?(体験版データを残す)
他のゲームを楽しむ為に、SDカードの容量を取るか?(体験版データを製品版をプレイする前に消す)

どちらを選ぶか、よ~くお考えの上でプレイされるコトをオススメします。







さてさて、MHXをプレイされるコトがおそらく今日で最後になる方が多いのではないでしょうか?


皆さんには、何百時間、何千時間と―――
MHXというゲームで共にしたキャラがいるのではないか?と思われます。


試行錯誤を繰り返してようやく身に着けた立ち回り。

苦労してやっと作成した装備。
中にはお気に入りとして、ギルドカードに固定した装備があるのかもしれません。


心機一転で今まで愛用していたキャラを、全くの別人に変える方。
もしくはそのままのキャラで通して、MHXXへと旅立たれる方。


どちらにしても、今まで愛用していた装備やキャラが少なからず変わるコトはいうまでもありません。


ですので、一言。
愛用した装備やキャラに対して


「お疲れ様。」


と、言ってあげても良いのではないでしょうか?



もちろん、心の中で。


電車や周囲の目がある中で、ゲームに向かってそんなコトを言っちゃあイケナイwww
下手したら通報されちゃいますよ?




今後の方針としましては、

MHXX購入後はいつも通りにソロで進められる所まではソロで進めると思います。
一緒にプレイする場合も、自分が進めていない「緊急クエスト」まで、「HR開放クエスト」まで。

と、PTプレイでの進行にある程度の制約をかけてのプレイになると思います。

断言しないのは、HR開放するまではお互いソロで進めると言ったものの、そのまま一緒にプレイするコトが出来なくなってしまったフレさんがかつていらっしゃったもので・・・。


あんまり頑固にしてしまっては、取り返しのつかなくなってしまうコトもあるのでね?
ある程度は柔軟に対処できるようにしていこうと思った次第です。



モンスター毎の立ち回りについての記事も暫くはお休みするかもしれません。
何卒ご了承くださいようお願い致します。


それでは、弊ブログをご愛玩いただきまして、誠にありがとうございました。
そして、これからも「フフーフ」と言っていただけるような記事を書いていこうと思っておりますので、どうぞよろしくお願い致します。


最後になりますが、
引き続きMHXを、そしてMHXXをめいっぱい楽しみましょう!


人気ブログランキング


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

祝電
おめでとうございます!先生の今後の活躍と新たな旅に期待で胸高鳴ります!
自称鳥竜種愛玩取締役代表 蒼爪 ポッポノ丸

追記、今からxx開封します。まさにネバーエンディングストーリーです!

Re: タイトルなし

> ぽっぽちゃん

コメントありがt…って、卒業式かナニカ?w
だけど、もうちょっとだけ続くんじゃよ。

MHXでのキャラに愛着を持つようになった方、そして装備が好きになっていた方は結構多いのではないのかな?と思います。
性能はそれ程でもないけれど、自分はこの装備が本当に好きだからせめて性能を引き出せるだけ引き出してあげたいと、そう考えてプレイしていた方もいるんだと思います。

けれど、そのままの姿では居られないんだと…分かっています。
更に厳しい仕様となるG級相手では、上位で培った知識や経験は…もしかしたら不足になってしまうのかもしれません。
かつてのG級と戦ったコトがあった方でも苦戦を強いられるのかもしれません。

だからこそ、今は今まで助けられた装備に「ありがとう。」をしよう。
「さようなら」ではなくて、「ありがとう」と。

彼らがきっと、更に心強くなって戻ってきてくれるコトを期待しよう。
モンハンというゲームには、エンディングはあっても明確な終わりはありません。
始まるのも終わるのも、プレイヤー自身によって異なります。

最近ではストーリーが追加されるようになりましたが、それでもモンハンはプレイヤー一人一人が主人公であり、名脇役でもある面白いゲームなんだと思います。
一人一人の辿る過程にドラマがある。

人によっては、何百時間と何千時間とプレイする、そんなゲームはそうそう無いと思います。
まだまだ俺達の冒険はこれからだ!

機会があれば、またご一緒しましょう♪