葛藤~ブシドー笛の可能性

このままで、良いのだろうか?

WVW69kGw96I4Xyot1Y.jpg

自問自答の日々が続いていた。

四天王嬢ソロを太刀で踏破してから既に1ヶ月の時が経っていた。
そしてMHXXの狩猟解禁までは―――1ヶ月も残っていない。

「四天王と暴喰の王」―――それは獰猛化の強化個体を5頭連続で狩猟するクエストだ。
1頭を突破する毎に65秒のインターバルが追加される為、狩猟に使える時間は実質46'40しかない。

立ち回りの安定感以上に、攻撃の精度を優先する必要があるクエスト。
強いていうのであれば・・・少なくとも四天王に関しては、全て10分以内に仕留めなくてはソロでのクリアは不可能に近い。





「覇重笛クーネハウカム」で十分な火力を盛ろうとしたが、手持ちの護石では「業物」を付けるコトは不可能だった。
業物が付けられない分の火力を「鈍器使い」で代用した結果、ある1つの問題に辿り着いた・・・。

狩技ゲージの貯まりやすい獰猛化部位が弱点から外れた時点で、斬れ味の緑ゲージは維持が出来ない。
鈍器使いには黄色ゲージに落ちた段階でもステータスの上昇効果があるものの、当て方補正までは無視できないのだ。
黄色ゲージで攻撃力UP【大】の効果を得られても、当て方次第ではそこから40%の下降補正が入ってしまう・・・。
ぶっちゃけてしまうと、鈍器使いは緑ゲージで無ければその真価が発揮されない。


笛での黄ゲージ鈍器運用は、その軌道が独特な分プラス補正に転じる真芯で攻撃を当て続けるのはかなり厳しいモノがあった。
そこで、思い切ってクーネ以外の笛で挑戦するコトにした。



「覇重笛クーネハウカム」から「燼滅笛イブレス」に装備を変えた際に生じた、旋律の効果時間の変動。
攻撃力強化【小】から攻撃力強化【大】の旋律に変わり、演奏の効果時間が短くなってしまったコトで笛厨のPSだと「笛吹き名人」無しで旋律の維持が出来なくなった。

一瞬でもグダってしまえば、旋律の維持は適わない。
だがそれ以上に問題なのは、イブレスの旋律では攻撃力強化【大】が切れたとしても気づくコトが出来ないという点だ。

火力不足を補う為に使用した鬼人薬グレート&怪力の種の効果は、旋律によるステータス上昇効果の表示が重なってしまうので例え旋律の効果を切らしてもそれを把握するコトが難しかった・・・。


幾度となく挑戦して、その度に心を圧し折られ・・・最終的には笛でのクリアを諦めた。
四天王嬢に挑むきっかけになった―――尊敬する太刀使いと同じ武器でケリを着けるコトにした・・・。


WVW69kAriwg5j1rAaErb17 (2)




太刀でのクリアに、達成感がなかったワケではない。
だけど、自分の限界をまざまざと見せつけられる結果となった。





WVW69kGw9d4wJo7wjm.jpg




それが、ただただしかった。

自分はハンターである前に、一人の笛厨なのだ。

笛が好きだから、私はこうして笛を使い続けている。
どんなモンスターであっても笛で倒せるようにはしてきたし、それは私が笛を好きであり続ける限りは変わらないだろう。


太刀だったから、ダメなんじゃあない。
笛ではないから、ダメなんだ。

だから、このままでは終われない。



笛での挑戦でクリアが出来なかった最大の原因は、最大火力を維持しきれないコトだった。
斬れ味ゲージの維持に、攻撃力強化旋律の維持―――どちらかが欠けてしまってはクリアが出来ない。


今のままではそれに届かない。
業物が無いギルドスタイルのままでは火力の維持が出来なかった。


WVW69kGw8zw6N3jddH.jpg
WVW69kGw8iQ6ORKOmd.jpg


そこで、火力を維持する為にブシドーを使うコトにした。
確かに、ブシドー笛のジャスト回避後に派生する三連音攻撃はモーション値が低すぎる上に隙が大きすぎてぶっちゃけ使えない。

注目したのは、ジャスト回避が発生した際に狩技ゲージが微量上昇するという他のスタイルにはない仕様。
連音攻撃を多用する笛厨にとってそれが使えなくなるコトは非常に大きいが、狩技ゲージを維持する為にはコレしかなかった。



WVW69kGneps-4dK2DErbb34.jpg

狩技ゲージを確保する為に、攻撃に当たりに行くブシドースタイルの運用方法。
それは、安置を利用した位置取りで攻撃をやり過ごす笛厨本来のモノとは正反対の立ち回りだった。





手応えは―――確かにある・・・!




本来の立ち回りとの誤差を修正して、三連音攻撃を使わずにジャスト回避だけを活用するブシドーの操作を、少しずつ立ち回りに馴染ませていく。
使い慣れないブシドーという名の付け焼刃を、少しずつ地金を打って研ぎ澄ます。


コレをマスターするコトが、四天王嬢に届きうる道なのだと信じて―――!




人気ブログランキングへ






~次回予告~


WVW69j-D4gs33W4tMP.jpg


ナニカを得る為には―――ナニカを失わなくてはならない。


WVW69kGmsy4sBXiuEurbb33.jpg


連音攻撃という最大の牙を失った笛厨が手にするは、武士道という名の耐え忍ぶ精神。


WVW69kGNk9gSRBGI3Nrbb32.jpg


手放せなかったモノは、ほんのちっぽけな笛厨の意地


WVW69kEAfiA6wRGTXOrrb5.jpg

その相反する二つのココロが組み合わさった時、運命の歯車が動き出す―――。


WVW69j6sEh0LNexUkd.jpg


次回、「笛厨の誇り~四天王と暴喰の王」―――coming soon…


WVW69kEAhE0506QZU2rrb10.jpg


今、決着の火蓋が切って落とされる・・・。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

一つのことを成すために様々な策や鍛錬を行う。
まさにブシドー。
1つの高みへの挑戦ですな。
もっとマイルドに狩りを楽しんでみたらとも思いますがw
これも1つの狩りのカタチ!
是非この道をつらぬいてくだせえ!

Re: No title

> 朔さん

コメントありがとうございます!
がんばりますネ!!

普段とは違う立ち回りに四苦八苦したのと、従来のブシドーとはまた違う我流なのも相まって非常に厳しい戦いでしt―――に、なると思われます!
私自身もマイルドにのほほんとプレイするのが理想的だったのですがね~、最初の頃なんかはすんごいのほほんとやってたのになぁ~(遠い目)

…どうしてこうなったのか、私でも分からないんですw
多分コレが終わったらまたのんびりとしたプレイ日記に戻るんだろうなぁ~と思います。


…いや、確か前もコレと似たようなコト言ってた気がするのぜ…?(・ω・`)

私はライトボウガン専門なんですが、四天王嬢をソロ攻略しようとして挫折して、なんとなくモンハンブログを漁っててここにたどり着いてからずっと応援しておりました。次回楽しみにしております!自分ももう一度頑張ろうかしら…。

Re: タイトルなし

> pikoさん

はじめまして。
コメントいただきましてありがとうございます!

私は笛をメインで担いでおりますが、同じように四天王嬢を挑戦されている方がいらっしゃるコトをとても嬉しく思います。
ライトボウガンは私自身も使いこなせるようにはなりたいのですが、イマイチ扱いきれない部分があります。
弾属性だと弱点部位が非常に少なくてモンスターによっては弱点特効さえ効かないモノもいる以上に、使える手数に制限があるので、そういった点でみてもかなり難しいのだと思います。

大変申し訳ありませんが、コメントをいただいた際にすぐに返事を書きたかったのですが、都合により結果となる記事の方を先に書かせていただきました。
記事の方でも書かせていただきましたが、
諦めないコト、そして挑戦するコトを止めないコトが、目標を達成する第一歩になるのだと思います。

その途中で挫けてしまっても、壁を感じてしまってもいい。
でも、挑戦するコトは止めないで続けてほしい。

長くなってしまいましたが、私の方も応援しております。
お互い楽しんでプレイしていきましょう。