クリアの指標~決定的な差

最近は徹底的にガムート討伐に勤しんでいる。



四天王嬢をクリアしている方と笛厨との決定的な違いは、ガムートにかけている時間が一番大きいように感じた。

自己ベストで8'02
それに対してクリアしている方は5~7分前半・・・。
とあるブログを拝見すると、笛ソロクリアの指標は7分前後らしい。

彼らと笛厨の立ち回りで決定的に違ったのは、
頭が獰猛化部位になる頻度でもなく、ビターンの頻度でもなく。
ビターンと同時に後方攻撃を加えている点だった。


たしかにビターンと同時に後方攻撃を当てるコトが出来れば、その直後の右ぶん回しをほぼ確実に当てられる。
しかし、その為に不可欠なのは―――
攻撃判定を寸分の狂いもなく把握していなくてはいけない。

今までの立ち回りだと、フェイントのビターンの判定が無くなってから接近して攻撃に入っていたので、当てられても連音1を鼻に当てるコトしか出来なかった。

牙に右ぶん回しを当てる・・・たったそれだけの、けれども決定的な火力差。

ビターンの頻度が多くてもタイムを縮められなかった最大の原因がそこにあった。
そびえ立つ8分の壁―――それを超えるのには、被弾を恐れた安定重視の考えを捨てるしかなかった。


しかし、サイズにムラがある本番でいきなりビターンと同時に後方攻撃を当てる練習をするにはムリがあったので、サイズが固定されているイベクエガムートで感覚を掴むコトにしました。

WVW69j_YgywBfOIcTU.jpg
WVW69j_YjFslVV33Bf.jpg

タイムは7'22"26
まだまだ精度は甘ちゃんですが、それでも前回よりも一分以上縮めるコトが出来ました。



続いて獰猛ジョーの練習。

意識すべきポイントは、攻撃大旋律を切らさないコト。

今まで使っていたクーネの攻撃力強化【小】&防御力強化【小】の効果時間は、笛吹き名人無しで120秒(重ねがけの延長効果は90秒)に対して、
攻撃力強化【大】の旋律の効果時間は、90秒(重ねがけの延長効果は60秒)しかない。

かといって、過剰に旋律維持に時間をかけては意味がなかった
タマミツネの立ち回りの見直しで上げた動画のような、全旋律効果延長の30秒の効果時間だけで旋律を維持する戦い方では、少しでもグダった時点で旋律を切らしてしまう。

旋律の維持、演奏のタイミング・・・そして、更に縮まった効果時間を正確に体内時計に刻み込むコトが課題だった。

WVW69j_Gu8gYH0B6o-.jpg
WVW69j_GwvUeWpjPTN.jpg

タイムは17'37'18
こちらもまだまだ過剰演奏などを改善する必要がありますが、前回よりも1分以上縮められました。


仮に四天王嬢のジョーの体力が単体の8割程度だとすると、笛厨がジョー討伐に必要な時間は13'09以上(ディノ討伐時点で残り時間15分になりそうです。


となると、笛厨が各モンスター毎に目標タイムを刻むとしたら

ガムート:7'00(残り時間 43:00)
ライゼクス:8'20(残り時間 34:15)
タマミツネ:9'00(残り時間 24:10)
ディノバルド:8'20(残り時間 15:25)
イビルジョー:14'20

この辺りになりますかね。
指標も出来たコトだし、連戦し続けて気が滅入らない程度にリフレッシュしながら立ち回りを見直していこうそうしよう。
(↑既に連戦し過ぎてノイローゼを起こしている件w)





そんなワケで、気分転換にyukiさんの岩穿部屋へ遊びに行きました。

ニンゲン一人じゃあ生きてけねーってYOU


ソロで煮詰まったときはオンに入ると癒されますね~(´艸 `*)フフーフ
ほぼ雑談していたのでなおさらね。

170115.jpg

yukiさん、良志さん、zhuozaiさん。
楽しい時間をどうもありがとうございました~ノシ


人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント